ビジネスは戦略があれば無双できる。「孫子の兵法」を解説してみた【後編】

こんにちは、ユウです。

 

ビジネスを成功させるためには戦略が必要となるわけですが、

戦略を学ぶ上で、「孫子の兵法」という本は非常に役立ちます。

ガチすぎます。

 

2500年前に書かれ、いまだに読み継がれている名著です。

それだけ、時代に影響されない本質が書かれているという事ですね。

 

ビジネスの戦略を立てる上でも非常に参考になります。

で、正しく戦略を立てれるようになると、ビジネスで無双できる様になります。

仕掛けるビジネスで負けがなくなり、やればやる程稼げる様になります。

できる事が増え、信頼され、尊敬を集める様になります。

 

という訳で、ぜひこの記事で戦略の立て方のヒントを得てください。

ビジネスは戦略があれば無双できる。「孫子の兵法」を解説してみた【前編】

前記事はこちらです。

 

という訳で引き続き、

孫子の兵法から参考になりそうな部分を抜粋していきます。

 

孫子の兵法から学ぶ戦略思考

 

「兵は拙速を聞くも、未(いま)だ巧(たくみ)の久(ひさ)しきを賭(み)ざるなり。

夫(そ)れ兵久しくて国に利するは未だ之有らざるなり」

 

⇒多少作戦にまずい点が残っても速やかに決着をつければ成功するが、

戦いを長引かせた場合には、決して良い結果は得られない。

そもそも戦いが長引いて、国に利益をもたらした例が無いのである。

 

ビジネスも同様で、短期集中が最も効率がいいです。

最初の3ヶ月間だけ鬼の様に集中するとか。

頭の中に雑音が入らない様に、他にするべき事をぜんぶ除外して、

短期集中、それだけに没頭する。

 

短期だけでも、それしかやる事がない状況を作る事で、やる事が急速に進みます。

やる事がそれしかないので、朝起きて、何しようあれしようと考える余地がなくなります。

自分にとって重要な意思決定をしたら、それ以外は捨てましょう。

テレビ見とこうかな、とか、そういう選択の余地を挟まない事が大事です。

 

で、こう言う状況って意図的にやらないとできないからですからね。

意識して、短期集中していきましょう。

 

 

「敵を殺すものは怒(いかり)なり」

⇒兵士を強力ならしめるものは敵愾心(てきがいしん)である。

 

ビジネスにおいても、何くそ、という怒りとか、悔しさみたいな感情はエンジンになります。

あいつには負けたくない、ちくしょうとか

こんな状況に甘んじたくない、という見返したいという気持ちとか。

そういう感情って、自分を動かすエンジンになります。

誰にも言えない様な感情、欲望を認めて、うまく自分を動かす為に使いましょう。

 

もちろん、ただただ感情に振り回される様な怒り方は良くないですが。

右脳=欲望はエンジンです。左脳=ハンドルで上手く操作しながら前に進みましょう。

 

 

「勝兵は先ず勝ちて而(しか)る後に戦いを求め、
敗兵は先ず戦いて而る後に勝ちを求む」

⇒名将はあらかじめ勝てる態勢を整えてから戦いを始め、

凡将は戦いを始めてしまってから勝とうとする。

 

ビジネスを、見切り発車で始めていませんか?

ダメです。勝ち目が見えないのに戦っても負けるだけです。

時間は有限です。勝ち戦をしましょう。

 

例えば、

アフィリエイトを始めてみたはいいものの、何をしたらいいか分からない。

稼げるかどうかも分からないし、何年かかるかもわからない。

その状態で、とりあえず無料の情報を読み漁ってブログを作成してみた。

でも、アクセスも集まらないし売り上げも立たない。

 

これでは挫折してしまうでしょう。

 

ダメです。いきなり走り出すのはやめましょう。

ビジネスはリサーチで決まります。

リサーチが9割と言っても良いでしょう。

逆に、リサーチができており、正しいビジネスの設計図ができていれば

成功が約束された様なものです。勝ちが決まった戦ですね。

 

 

なので、リサーチをしっかりして、正しい情報で意思決定をする事が何より大事なわけです。

かと言って無料でアクセスできる情報には限界があります。

しかも、初心者が正しいと判断した情報は大抵間違っています。

 

なので、他のいつも言っていますが、

情報に投資する事が必要になってくるわけです。

 

で、その投資を惜しんで自己流をかましてしまうから、

必死に作業しても月1万円も稼げない人が量産されていくわけです。

 

 

例えばですね、

1ヵ月間で遠くに行った方が勝ち、という勝負を2人がしたとします。

1人は、勝負が始まった瞬間から、家にあった自転車で走り出しました。
それから、体力の続く限り漕ぎ続けます。

2人目は、開始した日から原付の免許を取りに通い始めます。

3週間くらいで取得して、残りの1週間はハンドルを回し続けるだけで、
1ヵ月間自転車をこぎ続けた人を抜き去るでしょう。

 

有料の情報を買う事って、これに近くて。

 

例えば、誰かが1年間一生懸命勉強して身につけた稼ぐノウハウを、
初心者のあなたが1万円で買うことができるとしたら即買った方が良いです。

 

 

そこで無料にこだわって、
その人のように1年間地道に暗中模索しても仕方がないと思います。

時間は買い戻すことができないので、本当に貴重です。

 

時間を買う、という意味もあるし、

確実な道が示されている地図を買う、という意味もあります。

いずれにせよ、将来のために投資する、という決断ができないと厳しいと思います。

投資した方が良い、といっても、ネットビジネスにおける投資って、

実際に店舗などを構えるリアルビジネスと比べれば、金額は圧倒的に少ないです。

 

なので、ある程度の金額は、ネットビジネスのために投資するべきです。

 

「木石(ぼくせき)の性は、安(やす)ければ静かに、危うければ動く」

⇒木石は置かれた状態が安定していると静止したままだが、

不安定にすると動き出す。
(危機愜を持たせることが大切)

 

この考え方は、自分に対しても顧客に対しても有効ですね。

自分自身も、危機感がないとビジネスに集中できないタイプなので、

あえて収入を増やさないと危ない状況まで出費を増やして自分を追い込んだりします笑

 

経営者の人で、このあえて自分を追い込むスタイルを採用する人は多いです。

人って危機感がないと動かないので。

あえて高いマンションに引っ越したり、車を買ったりして、

自分を働かないといけない状況に追い込んでる知人は多いです。

筋トレと一緒で、負荷がないと成長できない、という見方もできますね。

 

顧客に対しても一緒ですよ。

良くセールスのやり方であるのは、不安を感じてもらうという方法です。

例えば、排水管のメンテナンスサービスを売りたい人がいて

「排水管のメンテナンスをした方が、匂いを予防できますよ」

と言うのと

「排水管のメンテナンスをしないと、
ドブっぽい匂いが部屋に上がってきたり、虫が湧いてきたりしますよ」

と言われるのでは、後者の方がヤバさを感じて売れると思います。

 

これも、顧客に危機感を持たせる営業ですね。

 

ちょっと意識して使える様になってみてください。

 

こうしてみると、孫子の兵法って

現代のビジネスに応用できる事がたくさんあると思います。

 

歴代の英雄が実践して、数々の勝ち戦を生み出してきた兵法ですので

ぜひ実践してみてください。

 

他にも、こんな記事も書いてます。
僕は時間を無駄にしていた事に気づき、死ぬほど後悔した
【簡単なワークあり】悪習慣を断つ。必要な事だけをやる
最速でプロになるたった1つの方法

興味がある記事があれば、読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はもともと社畜のサラリーマンでしたが、
インターネットビジネスで月100万円以上を稼ぎ独立に成功しました。

現在は29歳でインターネットを使ってビジネスをしています。
コンテンツ制作、ウェブマーケティングが専門で、コンサルもしています。

貿易をやったり、芸能系の仕事にも携わったり。
かなり充実した生活を送っています。

胡散臭いですよね。周囲からは元々センスあったんだろと
言われますが僕も最初は0からスタートでした。

劣悪な家庭環境で育って、苦しすぎて毎日悪夢で目が覚めてましたし、何をやっても要領が悪いと言われてきました。
そんな僕でも会社をやめて、働くも自由、遊ぶの自由という選択肢を手に入れることができました。

稼げるようになると精神的に余裕ができます。健康的な生活も送れるようになりますし、
人生の選択肢が増え、本当にやりたいことや諦めていたものを手に入れることができます。

下記の記事では、私のビジネスの軌跡と理念について語っています。

月100万以上稼げるようになったから、ビジネスの軌跡と情報発信の理念を語ってみた

また、下記の記事ではブログを読むことによるメリットを書いています。

情報に1千万投資した、ユウのブログを読むことで得られること

学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
メルマガではブログに書かれてない話もしており、
読者の方からはかなりご好評をいただいてます。

下から無料メールマガジンに登録することができます。

ユウのメールマガジン