SEOの基礎知識まとめ SEOを最短で学習する

こんにちは、ユウです。

今日はWEB上の「集客」について記事を書きたいと思います。
ネットビジネスをしていて「アクセスを集めたいけど、なかなか集客できなくて、、、」
という悩みを持ったこと、ありますよね。

特に初めの頃は、集客の全体像も分からないし、
特にSEO対策って何をすればよいか全然わからん、、難しそう

と思う事でしょう。

この記事ではネット集客の全体像を俯瞰したうえで、
SEO対策の歴史を簡単におさらいすることで、どんなコンテンツを書けばアクセスが集まるのか、
本質が理解できるようになります。

他には、こんなメリットがありそうですかね。
・web集客の全体像が分かる
・SEO対策の変遷がわかる
・今、googleで求められているコンテンツの傾向が分かる
・今後、求めれるであろうコンテンツの傾向が想像できる

では、まとめていきます。

集客の全体像をまとめると
1、SEO(Googleからの集客)
2、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)
3、Youtube
4、広告(Facebook広告、Google広告など)

に大別されます。
(細かくは他にもありますが、ざっくりこんな感じ)

このなかで、最もノウハウが体系化できて、
長期的な観点から重要度が高いのがSEOです。

極論を言ってしまえば、質の高いコンテンツを作る事、に尽きるのですが、
Googleサイドの現状における考え方や、今後起こりうる事について理解する事で、
よりSEO的にハズレない記事が書けるようになると思います。

確かに、もっと即効性のある情報が知りたい、という意見もわかるのですが、
こうした、原理原則から理解を深める事で、どんな記事を書く際にもズレた内容になる事がなくなります。
ですので、実は応用が利く分重要な情報だったりするのです。

それでは、前置きが長くなりましたが、さっそくSEO対策の変遷について書いていきます。

GoogleにおけるSEO対策を考えた時に、
これまでの流れと、次世代の流れをまとめるとこんな感じです。

1、被リンクの時代(前半)
この時代では、被リンクの数が重要でした。被リンクとは、リンクを自分のページに対してしてもらう事です。無料ブログなどを用いてサテライトサイトを大量に作ったり、古いサイト(オールドドメイン)が優遇されていたのがこの時代です。

2、被リンクの時代(後半)
後半に入ると、被リンクの自作自演に対して規制が入るようになります。これによって、
リンクファーム(相互リンクしあうサイト群)が、まとめてペナルティになったりしました。
よって、できるだけ自然にリンクをもらう事が重要になりました。
サテライトサイトであっても、一定の質が求められるようになります。
また、パワーのあるサイトから被リンクを受けるのが効果的となったり、リンクの質が問われる時代となりました。

3、サイトボリュームが求められた時代
時代が進むと、被リンクよりもそのサイト自体のコンテンツが重要となりました。
サイトのページ数が多いことや、トップページのSEOパワーが重要でした。
上位表示されるのはトップページですので、必然的にトップページにおけるキーワードが重要となります。
質の低い記事があっても、トップページに与える影響は大きくなかったです。
1ページの文字数も、多くなくても大丈夫でした。
まだオールドドメインに効果があった時代で、デザインもある程度重視されていました。

4、コンテンツのボリュームや質が求められる時代(現在)
この時代になると、トップページよりも記事ページの方が上がるようになります。
トップページのキーワードはあまり重視されず(つまり、タイトルは固有名詞でもOK)、一方で記事のキーワード(タイトル、タグ)が重要とされる様になります。
記事数はそこまで重要ではなく、1記事あたりのボリュームが重要となりました。
「情報の正確さ」や「網羅性」がとにかく求められます。
Googleとしては、検索する人が求めている情報が確実に載っている記事を上げたいという意図が強まり、直帰率や滞在時間、リピート率も大事になってきました。

5、コンテンツのユニーク性が求められる時代(今後そうなるかも)
「情報の正確さ」は当然として、さらに「ユニークさ」が重要となる可能性があります。
検索する人が求めている情報に加えて、+αの要素を加えられるか。
また、オリジナルなフィルターや、キャラクターに価値が出てくると思われます。
SNSなどでシェアされているなども評価の対象となるでしょう。

現在は、4の、コンテンツ自体のボリュームや質が求められる時代にあたります。
よって、1つ1つの記事の質を高め、滞在時間といった指標を高めていく必要があるわけです。

こうして概観していると、今後の方向性も見えてきます。
正確な情報を載せて、読んでいる人の問いにしっかり答えられている事が当然になってくると、
+アルファの部分、そのコンテンツのユニークさであったり、独自性といったものが求められる時代になるでしょう。

そういった時代を見据え、単なるQ&A的なコンテンツに終始するのではなく、
自信の体験談やストーリー、価値観をしっかり織り交ぜたコンテンツを作れるようになると強いです。

その記事の情報に価値があるだけでなく、その人自身のファンを作るというイメージでしょうか。

この、ファンを作るという考え方は今後ますます重要になってきます。
ビジネスにおいて、新規顧客に販売するより、リピーターに二度三度売る事のほうがハードル低いです。

だから、1度読んでくれた人に価値を与える事はもちろん。
さらに欲を言えば独自性のある観点や価値観を伝えて「おっ!このブログ面白いな」って思ってもらう。

他の記事も読んでもらって、いくつも面白い記事があれば、「この人は役立つ。メルマガでも登録しようかな」ってなるわけです。
そしたら後は定期的にメールを届けて、役立つ情報を与えられる訳ですから、どんどんファンになってもらいやすくなります。

ちょっと話がずれちゃいましたが、
SEO対策の変遷をみる事で、どんな記事を書けばアクセスが自然と集まるか、
また、今後どんなコンテンツの価値が高くなるのか、

自然とイメージできるようになったと思います。
ぜひ自身のコンテンツ作りに役立ててくださいね。