パワハラ上司に椅子を蹴とばされた。ヤバい上司からは逃げるのも手

こんにちは、ユウです。

僕は去年の春に脱サラして、上司がいなくなりました。

上司がいないという生活は恐ろしくストレスがかからないので
毎日が楽しくなりましたね。

当時は、上司の顔色を常に伺っていました。
仕事はお客さんの為でもありますけど、自分としては上司の為に働いて、評価を上げたいという感覚もありました。

上司が喜ぶように動き、上司がして欲しいと思う事を先回りしてする。
そんな行動が評価される環境なので、仕方がないことかもしれません。

 

けど、これって結構ストレスでした。
人間的にも尊敬できる上司ばかりではないです。

信じられないような暴言を吐く上司もいましたし、
深夜に椅子を蹴られたりとか、
上司に仕事を振られて、夕食抜きで働いていた横で、上司が悠然と夕食を食べ始めたりとか。

なかなかヤンキーな会社だったので、
ストレス耐性はかなりつきました。

就職するまでは理想の上司像があったのですが
考えていたそれとはあまりにかけ離れすぎた存在が
目の前にいたので衝撃を受けました。

仕事はできましたけど、人間としてこうはなりたくないな、、って上司が多すぎて。もっと部下からも信頼されて、面倒見のいい上司だったらなって
何回も思いました。

育ててくれた恩はありますが、自分はこういう人にはなりたくない、、
という気持ちも退職の後押しをしましたし、
結果として今の生活を手にしているのである意味良かったかもしれません笑

 

上司がヤバい。これってかなり辛いですよね。
でも辛い事に、必ずしも耐え続けなければいけない訳ではありません。

だから辛いなとか、キツいなと思ったら逃げたって良いんですよ。
その状態が長引けば必ずどこかでガタが来ます。

辛い状態に立ち向かうのも、素晴らしいことです。
でも、自分を守るため、不必要な苦しみから逃げることも、大切な事だと思います。

 

とある企業の研修の映像がニュースで取り上げられて、心が痛んだことがあります。

その映像では、
長時間の研修業務で疲れ果て、思考がもうろうとしている状態で
何度も繰り返し上司から説教をされて刷り込みをされていました。

完全なる洗脳です笑
軍隊に入り、老兵が新兵を極限まで苛め抜いて、
骨の髄まで服従を叩き込む通過儀礼と同じです。

そうやって自分の人格を否定されたり
自分には価値が無いんだと思わされたりします。

で、そんな価値の無い人間を雇ってやっている会社に感謝しろ。
という理屈で、長時間の残業を平然と押し付けたりします。
そういう会社は頭がおかしいとしか言えません。

 

例えば僕の会社では、100時間を超えた残業は存在しない事になっていました。
毎月労働時間を計算して、提出するシステムはありましたが、
全く機能しておらず、皆100時間に収まるように嘘の申告をしていました。

全員です。同じ部署数十人が全員、100時間ぴったり残業という事になっていました。
ありえないですよね。
実際にはもっともっと残業してるのに。

残業を増やすと労働基準監督署から目を付けられるので、
上司の指示で改ざんさせられるのです。

でも、上司はできるだけ仕事を進めて自分の評価を高めたい。
クライアントから気に入られたい
案件を沢山こなしてボーナスが欲しい。

といった理由で、現場は存在しないはずの残業を強いられるのです。

 

真面目な人ほど自分の限界を超えてまで無理をしてしまいやすいです。
実は真面目に生きてきた人ほど生きにくいんじゃないかとも思います。

「社会人の責任」や「義理」という言葉を盾に
逃げる行為を徹底批判しますから、真面目な人ほど良心が傷むはずです。

ですが、理不尽なことや、耐え難いことから
逃げるのも立派な選択肢です。

 

会社から逃げたい、という理由で起業をしても良いと思います。
むしろ、動機が切実な分、原動力になります。

起業して得られるものが明確ですからね。

で、いざ副業でも初めて副収入ができ、会社を辞めてもどうとでもなる
こう思えるようになるとかなり気が楽になります。

 

僕だったら、仮に今すぐ収入が0になって、
預金残高、とりあえず日払いのバイトで食いつなぎます。

で、とにかく固定費を限界まで下げます。

家も解約して、異性の家に転がりこんでも良いですし、
友人に炊事洗濯掃除を全てやるからとお願いして、
結果が出るまで知り合いの家に居候させても良いでしょう。

その間に死ぬ気でビジネスを一から作り上げて生活を立て直します。

死ななければ意外となんとかなります。
で、ビジネスの知識があれば、時間を掛ければ必ず復活できます。

 

上司がいなくなってからというもの、生活は大きく変わりました。
まずストレスが溜まりません。
余計な事も言われないし、仕事中に絡まれる事もないです。

ヤバい上司の場合、横にいるというだけで謎の緊張感があって、
その緊張感が1日続くだけでもエネルギーを相当持っていかれました。

で、仕事について逃げ場なく激詰めされようものなら、胃がキリキリといたみ、
緊張とストレスで一気に汗が噴き出て来たものでした。

二度と同じ思いはしたくないですね笑

 

それから比べると、本当に生活が一変しました。
職場での人間関係からくるストレスって、意外と大きかったんだなと振り返って思います。

もちろん、人と関わる事で成長できる面はあるけど、
それって必ずしも勤め先の職場関係だけでなく、
仕事の取引先とか、仕事仲間とか、恋人友人からとか、他の人間関係からも学べる部分があります。

特に、職場の人間関係や、そこでの価値観や風土が自分に合わなかった場合、
不必要に居心地の悪さや辛さを感じてしまう事もありますからね。

必ずしも耐え忍ぶ必要はありません。

 

で、仕事を辞めてからですが、
お金はあるから自由な時間に遊べるし、行動範囲に制限もありません。
ある意味で、全力で好き勝手出来る環境になりました。

もし60歳まで会社で働いて、定年後に自由になっても
身体のガタは来てるし気力も今ほど残っていないでしょう。

今の会社の仕事にやりがいを感じていて、とても良い経験ができているなら、
辞める必要は必ずしもないと思います。

ですがもし、合わなさを感じていて辛い場合、
退職は一つの選択肢になるでしょう。

今勤めている会社の仕事時間が長過ぎて副業が出来ない場合は、
時間の取れる仕事に転職してみる、ワンクッション挟むのも良いと思います。

現代は終身雇用制度が崩壊してきているので、一つの会社にこだわる必要はないです。

むしろ収入を複数確保している方が安定です。
転職して最低限の収入を確保しつつ副業で地盤を作るのがおすすめです。

ネットビジネスは副業としても、そこから本業にするにしても

しっかり学んで実践すれば数ヶ月でそれなりの収入は得れるため、おすすめです。

メルマガではそこら辺の話もしているので、登録してみてください。
無料なので。

 

他にも、こんな記事も書いてます。
僕は時間を無駄にしていた事に気づき、死ぬほど後悔した
【簡単なワークあり】悪習慣を断つ。必要な事だけをやる
最速でプロになるたった1つの方法

興味がある記事があれば、読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はもともと社畜のサラリーマンでしたが、
インターネットビジネスで月100万円以上を稼ぎ独立に成功しました。

現在は29歳でインターネットを使ってビジネスをしています。
コンテンツ制作、ウェブマーケティングが専門で、コンサルもしています。

貿易をやったり、芸能系の仕事にも携わったり。
かなり充実した生活を送っています。

胡散臭いですよね。周囲からは元々センスあったんだろと
言われますが僕も最初は0からスタートでした。

劣悪な家庭環境で育って、苦しすぎて毎日悪夢で目が覚めてましたし、何をやっても要領が悪いと言われてきました。
そんな僕でも会社をやめて、働くも自由、遊ぶの自由という選択肢を手に入れることができました。

稼げるようになると精神的に余裕ができます。健康的な生活も送れるようになりますし、
人生の選択肢が増え、本当にやりたいことや諦めていたものを手に入れることができます。

下記の記事では、私のビジネスの軌跡と理念について語っています。

月100万以上稼げるようになったから、ビジネスの軌跡と情報発信の理念を語ってみた

また、下記の記事ではブログを読むことによるメリットを書いています。

情報に1千万投資した、ユウのブログを読むことで得られること

学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
メルマガではブログに書かれてない話もしており、
読者の方からはかなりご好評をいただいてます。

下から無料メールマガジンに登録することができます。

ユウのメールマガジン