こんな駄目な自分でもビジネスはできる様になった物語

こんにちは、ユウです。

僕のプロフィールを読んで頂いた方の中には、

「ユウさんはもともと優秀だったから出来たんじゃないか」

といった印象を持つ人がいます。

ですが、実際の僕は全く優秀ではありませんでした。
家庭環境が悪かったこともあって自分に自信が持てず、
コミュ障で、ポンコツ扱いされる事が多かったです。

今日は、
「あ、こんなダメな人でも起業できてるなら、俺にもできるかも」
という、「俺でもビジネスできるかも知れない」感を掴んで頂けたら。

僕がダメダメだった時の話と、今なぜ上を目指して頑張っているかの物語

僕は今でこそ経営者としてビジネスをしています。
不動産業や呉服屋などの法人コンサルもやらせて頂いてますし、
一流の方とお会いさせて頂く機会も増えてきました。

ですが、僕は昔は全然ダメダメだったんですね。

神奈川県で育ったんですが、
小学校くらいから家庭環境がけっこう複雑で。

義理の母親と父親の喧嘩が頻繁に起こっていて、

重たい花瓶を投げつけてきたり、
包丁を持ち出したり、

とにかく安心できる環境ではありませんでした。

父親は都合が悪くなると何処かに逃げて外出してしまって、

自分も継母から憂さ晴らしに暴力を振るわれたり、
夜中に起こされて唾を吐きかけられたり。

もちろん、もっと劣悪な環境で育ってきた方もいて、
自分なりに努力して立ち直られて方もいると思いますが、

自分としてはショッキングな出来事ばかりだったんですね。

で、環境のせいにしてはいけないと思いますけど、
僕はのびのびして元気な子供では無かったです。

小学生なのに暗いし、元気ないし、
表情死んでるし、何考えてるか分かんないしで。
かなりのネクラでしたね。

で、ネクラでも能力が高かったらそれなりに人生楽しかったんでしょうけど、

あらゆる能力がめっちゃ低い訳です。

・コミュ力が低い。話すと話題とズレてていつも微妙な空気になる
・思考力が低い。というかない。何も考えず反応で生きてる
・超器が小さい。友達から悪い所を指摘されると怒ってしまう
・自信がない。でもプライドだけ高い
・他人の目線が気になって仕方がなかった
・お金もない
・ただ退屈していた
・何も変化しない、成長しない。ただ生きていた
・知識がない、故に世界が狭い
・何をやっても続かない。最初の努力ができない

例えば高校の時には、
ステーキ店でアルバイトをしていたのですが、
使えなさすぎてクビになりました。

自分としては普通に頑張っていたつもりでしたが、

ミスを重ねてしまい店長が我慢の限界を迎え、もう来なくて良い。と言われました。
その時アルバイトってクビになるんだ、と初めて知りました笑

で、改めて入った別の蕎麦屋でのバイトでも、

不注意からお皿を棚ごと割ってしまって、
「君の給料の◯ヶ月分だよ、、」と呆れられたり。

注意されることは日常茶飯事でしたね。

それくらい、能力が低かったんですよね。
周囲に何人か、「残念な子」っていると思うんですが、それは僕でした。

その頃の人生は本当に楽しくなかったです。

何をやってもうまく行かないし、かといって努力もできない。

同じことの繰り返しで、時間をただ浪費していて、
目新しいこともなく、惰眠をむさぼるか漫画を読んだりして時間を潰していました。

ニコニコ動画を深夜まで観たりとかですね。

10代の頃は本当に、
生きているだけで息が詰まりそうな感じでした。

今思えば異常だったのですが、
ほぼ毎朝悪夢で目が覚めていましたから笑

で、今思えば転機になったのが
「読書を始めたこと」
でした。

大学生の頃、
僕は今までの自分の人生が心底嫌だと感じていて、

人生を変えたい、
幸せになりたい、
何でも良いから前に進みたい

と思う様になったんですね

その一環として、
少しづづ本を読むようになりました。

最初は手当たり次第本を買ってきて、
読み始めました。

最初は普通に小説とかを読んでましたね。

30冊くらい読んでるうちに「金持ち父さん、貧乏父さん」という本に出会い、

「なるほど。働きづめのラットレースから抜け出す必要があるのかー」
「マイビジネスを持つってかっこいいな」
となんとなくビジネス興味を持ちました。

それからビジネス系の本を読むようになっていきました。

そこからはビジネス系の本を色々読み始めましたね。

で、60冊くらい読み進めていたある日、

ホリエモンの本に出会ったんです。

20~21歳の頃だったと思います。
その本を読んだとき初めて、経営者になりたい、と強く興奮を覚えたんですね

・上司にも誰にも指示されない
・お金がたくさん稼げる
・好きな仕事ができる
・響きがかっこいい

詳しい本の内容は覚えていないんですが、
ホリエモンの熱い生き方は、自堕落な当時の自分にカッコよく写ったんだと思います。

「こんな生き方がしたい!」と全身が身震いしたのを覚えています。

そこからは経営者として成功するために、
行動と失敗を繰り返してきました。

ここでは詳細は省きますが、

長期インターンを何社かでしたり、
自分でビジネスをしたり
コンサルティング会社に就職をしたり
実際に起業したり

といった経験を経て、大きく成長する事ができました。

まだまだ成功できているとは言えませんが、
大学生の頃に思い描いていた理想には近づけたと思います。

小学校〜大学まで
あれだけ能力の低かった自分が、

今では
・自分の好きな仕事を、好きな時間と場所でできる
・ある程度まとまったお金を稼げている
・それにより人生の自由度が激増している
・共通の目標を持った、良い人間関係がある
・日々学んで、毎日刺激を受けて楽しんでいる
・自信がついた。人と比べてどうと思わなくなった
・自分や他人の感情に敏感になった
・思考する習慣が身について、どんなジャンルでも一定の成果が出せる様になった

など、
あらゆる面で超成長する事ができました。

今でも昔の知人友人と会うと、
「ユウは本当に変わったよね。別人みたい」と言われます。

ビジネスやってて良かったと思うことばかりです。
想像以上の良い人生が待っていました。

こうして書いてみると、自分は非常にダメな人間でした笑

そんな自分でも、起業できたし、
世間一般的にはある程度稼ぐ事ができる様になりました。

なので、

「起業は難しいでしょ」
「あの人は才能があるから成功できたんだ」
「自分とは関係ない世界だ」

と思ってしまうのは、勿体無いです。

もちろん周りに起業して成功した人が少ないと
そう思ってしまうのは仕方ないと思います。
僕もそうでしたし。

ですが、
これを読まれた方はなんとなく分かると思いますが、
実際、起業(ビジネス)に才能って必要ないです。

ユウでも出来たんだから俺にも出来るだろう、くらいの感覚を持ってください笑

で、ビジネスに取り組む人が増え、
そのビジネスがまた人の役に立ち、

結果として人生を好転させる人がドンドン増えて行ったら、とても嬉しい事だと思っています。

他にも、こんな記事も書いてます。
僕は時間を無駄にしていた事に気づき、死ぬほど後悔した
【簡単なワークあり】悪習慣を断つ。必要な事だけをやる
最速でプロになるたった1つの方法興味がある記事があれば、読んでみてください。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー僕はもともと社畜のサラリーマンでしたが、
インターネットビジネスで月100万円以上を稼ぎ独立に成功しました。
現在は29歳でインターネットを使ってビジネスをしています。
コンテンツ制作、ウェブマーケティングが専門で、コンサルもしています。

貿易をやったり、芸能系の仕事にも携わったり。
かなり充実した生活を送っています。

胡散臭いですよね。周囲からは元々センスあったんだろと
言われますが僕も最初は0からスタートでした。

劣悪な家庭環境で育って、苦しすぎて毎日悪夢で目が覚めてましたし、何をやっても要領が悪いと言われてきました。
そんな僕でも会社をやめて、働くも自由、遊ぶの自由という選択肢を手に入れることができました。

稼げるようになると精神的に余裕ができます。健康的な生活も送れるようになりますし、
人生の選択肢が増え、本当にやりたいことや諦めていたものを手に入れることができます。

下記の記事では、私のビジネスの軌跡と理念について語っています。

月100万以上稼げるようになったから、ビジネスの軌跡と情報発信の理念を語ってみた

また、下記の記事ではブログを読むことによるメリットを書いています。

情報に1千万投資した、ユウのブログを読むことで得られること

学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
メルマガではブログに書かれてない話もしており、
読者の方からはかなりご好評をいただいてます。

下から無料メールマガジンに登録することができます。

ユウのメールマガジン