「居心地の良い状態」は、行動力を著しく低下させて成功を遠ざける

こんにちは、ユウです。

今日は、

行動力を上げるためには、
「コンフォートゾーン」
を高める必要がある、という話です。

で、コンフォートゾーンってどういうものかというと
簡単に言ってしまうと
「自分が快適だと思う空間」
のことです。

「空間」っていうのは
部屋とか教室とか職場とか、
物理的なものであるのと、

人間関係とか社会的な地位とか
自分の考え方とか
抽象的なものまで含まれます。

つまり、それら物理的~抽象的なもの
まで含めて、
自分の居心地がいい場所のことを
コンフォートゾーンといいます。

で、いきなり結論から言ってしまえば、
コンフォートゾーンにいる限り
成功は訪れないよってことです。

正確には、成功には向かっているけど
カメみたいに遅いスピードで向かっています。

人間は快適な空間にいる限り、
行動力が著しく低下して
ゆっくりしか進めなくなる。

例えば、自分の部屋の中。

これは、空間としては
最高に気持ちよくて
リラックスできるところですが、
いまいちやる気が起きずに
進むことができないです。

やっぱりついつい漫画を読んだり
Youtubeを見たりしちゃう。

じゃあ、少し高級なカフェに行って
作業をしたとしましょう。

これは、人がたくさん居て周りには
オシャレな人がたくさんいます。

その中の多くが成功者で、
ある程度仕事ができる人間ばかり。

もしあなたがまだ未熟者だった場合、
これは少し自分にとって居心地が悪い場所なので
行動力がグングン上昇していきます。

「人に見られてるしがんばろう。
お金を払ってるしがんばろう。
周りの人たちもがんばってるしがんばろう」

と思えるんですね。

逆に、超・成功者にとって生き慣れたカフェは
コンフォートゾーンの中に入ってしまいます。

もっと言えば、自分の部屋でさえも
コンフォートゾーンの
外に設置することができます。

部屋に
「月収100万達成!○月○日まで」
と書いた壁紙をべたべた貼っていた場合。

それは自分にコミットメントすることだから、
その壁紙がたくさん書いてある部屋は
「居心地が悪い部屋」となり、
コンフォートゾーンの外にあるため
行動力が増していきます。

と、このように、自分が快適と思う空間を
物理的に考えてみましたが、
これは抽象的な空間で最も効果を発揮します。

人間関係などはその最たる例です。

「能力が低い学生の集まり」
の中にいればそこは居心地が良いですが

「全員優秀なビジネスマン」
の中にいるのは居心地が非常に悪いのです。

優秀な人たちから逃げて、
自分のコンフォートゾーンの中にいる
人間たちとつるんでいるばかりいると、
成功まで大きな時間がかかります。

だから、ときには一歩踏み出して
レベルの高い環境に飛び込むことが必要です。

陰キャラがいきなり
リア充のグループに入れば、
高確率でいじられるキャラになり
居心地の悪い思いをしますが

そのぶん、コミュニケーション力が
グンと上昇するはずです。

このように、普段付き合っている人間の
レベルを少し考えてみましょう。

これは別に、
あなたの成長に繋がっている
人間関係ならどんなものでもいいのです。

例えば、収入は少ないけど
全国大会に参加するような
運動神経バリバリの人と付き合っていたら、

「運動」
という分野で人間的に成長できます。

このときの行動力はそのままビジネスに繋がるし、

「こいつもがんばってるし、
おれもがんばろう!」

となって全体的に成長スピードが底上げされます。

大切にするべきなのは
「何かに熱中している人」
の近くに自分の身を置くこと。

最初は居心地が悪いことが多いのですが、
慣れてくると努力できる量が
その集団の中で平均になってきます。

そしたら、
また居心地の良い空間になってくるので、
また次のレベルを求めて進んでいく。

この繰り返しで、
自分がどんどん成長していきます。

そして、いますぐ変えられるものとして
「目標」
というコンフォートゾーンがあります。

聞いた話なのですが、
ある起業家の方はビジネスを始める人に

「いくら稼ぎたいんですか?」
ということは最初に必ず聞くそうなんですね。

すると、みんな現実的なことを考えて
月20~30、できれば50いきたい。

といった返答をするそうです。

でも、
それって、快適な答えなんですね。

叶えられるかもしれない
現実的なものなので
答えたところで怒られない数字です。

かといってもしくは、
「月収100万突破!」
これもなかなか問題のある数字です。

月収100万って、
実現可能で実現可能じゃない。
そんな数字です。

日本人口の中でもかなり上位クラスの
収入なので、これを設定するってことは
「失敗しても怒られない」
んです。

成功したらすげえ!ってなるけど、
失敗してもまあ、そうだよね。となる。

ある意味では当たり障りのない
無難な回答と言えます。

 

それでは、コンフォートゾーンから外れた
最も行動力の出る目標設定とはなんなのか?
というと

「超・現実的な数字」

「超・飛躍的な数字」
のどちらかです。

超現実的なってのは、
たとえばまったくの初心者で
1ヶ月以内に月5万稼ぐとか

期限を決めても必ず突破できそうなものです。

これは、突破できなかったときに
馬鹿にされちゃうので
コンフォートゾーンから外れています。

逆に、超・飛躍的な数字。

「月収1000万で社会起業する!」

という高い目標を設定すれば、
その時点で馬鹿にされるので
コンフォートゾーンから外れています。

要は
「宣言することで痛みが伴うもの」
が目標としては正解なんですね。

目標は超現実的か、
高ければ高いほど良いです。

ぜひあなたの中で核として
持っている目標を再設定してみてください。

また、自分のコンフォートゾーンから
外れるための行動を取ってみることも大切です。

・目標を壁に貼る
・作業する環境を変える
・高額な教材に投資してみる
・高級なご飯を食べてみる
・遊ぶ友達を変えてみる

などなど、色々方法はあります。

ちらっと書きましたが、
例えば高級ホテルに泊まるってのも
コンフォートゾーンから外れる行為です。

自分の金銭感覚からズレた
レベルの高いことにお金使うってことなので
そこは居心地が悪いんですよね。
(高級なホテルなのに)

こんな感じで、
小さい行動を繰り返していっても
どんどん自分の行動力を上げることができます。

「迷ったら茨の道を選ぶ」

という風習はすごく良いものだと思います。
選び方がすごく大切なんですけど。

快適な空間の基準が高まるに従って、
自分の中の成功の基準がグングン上がってきます。

気付いたら自分が最初に選んでいた目標が
目の前にやってきている状態になるので

ぜひコンフォートゾーンを意識した
日々の生活を心がけてみてください。

では、今日はこの辺で。

 

他にも、こんな記事も書いてます。
時給2万を稼ぐ方法
「仕組み」を作ることで時間とお金に不自由しなくなる
最速でプロになるたった1つの方法
興味がある記事があれば、読んでみてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はもともと社畜のサラリーマンでしたが、インターネットビジネスで月100万円以上を稼ぎ独立に成功しました。
現在は29歳でインターネットを使ってビジネスをしています。
コンテンツ制作、ウェブマーケティングが専門で、コンサルもしています。貿易をやったり、芸能系の仕事にも携わったり。
かなり充実した生活を送っています。
胡散臭いですよね。周囲からは元々センスあったんだろと
言われますが僕も最初は0からスタートでした。
劣悪な家庭環境で育って、苦しすぎて毎日悪夢で目が覚めてましたし、何をやっても要領が悪いと言われてきました。
そんな僕でも会社をやめて、働くも自由、遊ぶの自由という選択肢を手に入れることができました。
稼げるようになると精神的に余裕ができます。健康的な生活も送れるようになりますし、
人生の選択肢が増え、本当にやりたいことや諦めていたものを手に入れることができます。
下記の記事では、私のビジネスの軌跡と理念について語っています。
月100万以上稼げるようになったから、ビジネスの軌跡と情報発信の理念を語ってみた
また、下記の記事ではブログを読むことによるメリットを書いています。
情報に1千万投資した、ユウのブログを読むことで得られること
学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
メルマガではブログに書かれてない話もしており、
読者の方からはかなりご好評をいただいてます。下から無料メールマガジンに登録することができます。
ユウのメールマガジン