起業にアイデアは必要ない。地味なビジネスでも良い

こんにちは、ユウです。今日は

起業にアイデアは必要ない。地味なビジネスでも良い

という話をしていきます。

 

ITの世界で起業という言葉を聞くと、

どうしてもイノベーションを起こすとか、

ゲーム開発をして儲けることを想像してしまいます。

起業関連だとそういう本が多かったりするし、
意識高い系の起業家達が啓発しちゃうので

そっちに走って行ってしまう人が多いのですが

 

僕は、地味なビジネスを

淡々と成長させていくほうが、
世界を変えることに繋がると思ってます。

 

もちろん、ずば抜けたアイデアもかっこいいです。

アプリ開発とか、
新しい技術で世界を引っくり返していくとか、

そういうのはかっこ良く映ります。

でも、地味なビジネスのほうが、
社会貢献になっていることが多々あるんですね。

例えば、ゲーム業界の市場は4000億円ほどです。
それに対して、コンビニの市場規模は11兆円ほどあります。

これは、ゲーム業界全体の売上を足しても
セブンイレブン単体の売上に届いていません。

パズドラで有名なガンホーとか、
世界に誇れる任天堂のゲームも、

すべて足してセブンイレブンのほうが
より多くのお金を生み出してることになります。

別に、だからといって
セブンイレブンのほうが社会貢献してる、

というわけじゃないんですけど、

コンビニっていう地味なビジネスのほうが
華やかなビジネスより儲かっているということです。

これは、映画とかドラマとかの世界でも同じことです。

すごく華やかだから儲かってる、
というわけじゃないんですよね。

で、起業をするっていうときに、

ありがちなのは起業の「アイデア」を
まず浮かべようと考えることです。

で、そういう人は
アイデアがないから、起業できないって言うんです。

 

でも、これは順番がまったく逆で、

アイデアっていうのは自分の実力があって、

知識が組み合わさってできるものです。

自分の頭からポンと出てくるものじゃない。

 

例えば、USBっていう道具があります。
パソコンに差してデータを移動するやつ。

あれは、
「データを簡単に持ち運びたい」

というニーズがあって、
それを叶えるために電子工学を計算して
生み出されたアイテムです。

日本人が開発したらしいです。

USBを開発した人はいまアメリカで
最も高額のコンサルフィーをもらっているそうです。

つまり、USBという便利なモノは
ニーズから逆算されて生み出された発明品なのです。

しかもですね、

別に、発明品を作ることが
起業ってわけでもありません。

何千万と稼いだりとか、
数億円を稼ぐ程度であれば
確かなビジネスモデルとリサーチがあれば、
到達することができます。

 

あるいは、誰かが作っているものを
よりシンプルに作り直したりとか、
真似をして完成させるだけでも良いです。

例えば、

大手の予備校なんて、
ほとんど似たり寄ったりじゃないですか。

でも社会貢献になっているし、
ちゃんと儲けられている訳です。

起業はアイデア勝負じゃないんですね。

僕自身、ほぼパクリでここまで来たし、
アイデアもほとんど必要ありませんでした。

転売も、
情報発信ビジネスも、

手垢のつきまくった使い古された手法ですが、

成果をあげることができています。

僕がやっていることは地味だけど、

でも確かに誰かの人生に良い影響を与えている、

と自分では思っています。

そもそも、自分が思い付いたことなんて、
ほかの誰かが思い付いているはずなんですよ。

ましてや、すでに形にしていて
世の中に出回っているのがほとんどです。

それをまたゼロから作るのは無駄です。

すでに存在するアイデアを形にすることを
「車輪の再発明」と言います。

周りの人を振り回したり、
自分の人生を犠牲にするだけで

ただの徒労に終わってしまいます。

アイデアは計算で生まれる、

というのを知っておくとだけでも
かなり遠回りを防ぐことができます。

そして、僕らは偉大な先人から学びましょう。

すでに先を走ってくれた先人から学んで、
天才の肩に乗って突き進むんです。

それで十分な社会貢献になるし、
実力もグングン付いてくるので

そこからじっくりアイデアを練ってみればいいんです。

熱い志があるなら、
アイデアで止まるのはすごくもったいない。

フットワークを軽くして、
ガンガン行動して前に進んでいきましょう。

では今日はこの辺で。

 

他にも、こんな記事も書いてます。
時給2万を稼ぐ方法
「仕組み」を作ることで時間とお金に不自由しなくなる
最速でプロになるたった1つの方法
興味がある記事があれば、読んでみてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はもともと社畜のサラリーマンでしたが、インターネットビジネスで月100万円以上を稼ぎ独立に成功しました。
現在は29歳でインターネットを使ってビジネスをしています。
コンテンツ制作、ウェブマーケティングが専門で、コンサルもしています。貿易をやったり、芸能系の仕事にも携わったり。
かなり充実した生活を送っています。
胡散臭いですよね。周囲からは元々センスあったんだろと
言われますが僕も最初は0からスタートでした。
劣悪な家庭環境で育って、苦しすぎて毎日悪夢で目が覚めてましたし、何をやっても要領が悪いと言われてきました。
そんな僕でも会社をやめて、働くも自由、遊ぶの自由という選択肢を手に入れることができました。
稼げるようになると精神的に余裕ができます。健康的な生活も送れるようになりますし、
人生の選択肢が増え、本当にやりたいことや諦めていたものを手に入れることができます。
下記の記事では、私のビジネスの軌跡と理念について語っています。
月100万以上稼げるようになったから、ビジネスの軌跡と情報発信の理念を語ってみた
また、下記の記事ではブログを読むことによるメリットを書いています。
情報に1千万投資した、ユウのブログを読むことで得られること
学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
メルマガではブログに書かれてない話もしており、
読者の方からはかなりご好評をいただいてます。下から無料メールマガジンに登録することができます。
ユウのメールマガジン