月収400万になってみて。結(ユウ)の理念「4つの自由」

初めまして、結(ユウ)です。

お前誰だよ、となると思うので
自己紹介をさせていただきます。

軽く自己紹介。
インターネットのメディア制作や、マーケティングのコンサルを主な事業とした会社を経営。
月間利益は200万を超えております。
(2020年5月現在、新会社を1社立ち上げ中)

オフラインの店舗ビジネスも経営しております。
他には都内を主とした不動産賃貸業、営業代行事業、1本500万以上する高級時計の卸販売業とか。

あとはヘルスケア用品の製造販売業や、貿易商社業。エンジニアに特化した独立支援事業。
過去には六本木でエステ経営もしていました。

 

箇条書きで、軽く僕の自己紹介をしましょう。
・寝ていても収益が毎日10万円を切ることがない
・全くのセンスゼロの状態からビジネスを学びまくることで稼げるようになる
・27歳の時はいわゆるセミリタイア状態になる
・好きな時に好きなだけ美味しいものを食べる(鮨が好きです)
・好きな時に好きな場所に旅行に行くことができる(短期で世界一周してきました)
・保有している仕組みが勝手に利益を出すので、24時間自由に使える
・読みたい本を好きなだけ読み、その内容について友人と話し合うのが楽しい
・得た知識はビジネスに応用して利益を増やしていく
・自分のやりたい事業に挑戦して収益化していくことができる
・勉強したいこと、体験したいことにいくらでもお金を使える
・ビジネスを原理から学んだので、様々な産業で売り上げをあげることができるように
・オフラインのビジネスにネットのマーケティングを持ち込んだところ、3ヶ月で成約3倍に
・マッキンゼー、リクルート出身者と共に人材ビジネスを立ち上げる(二人とも当時は東大院の先輩)
・老舗の呉服屋、リフォーム会社、マッサージ屋などにコンサルティングして利益をあげる
・数十億クラスの実業家に触れることで上の世界を知る
・700万以上する時計を買ってみる
・ヘリをチャーターして上空から東京の夜景を眺めてみる
・etc

 

これが僕にとっての日常です。

 

普通ではない内容が多いかもしれません。
僕もこんな世界に来れるなんて、昔は思っていませんでした。

ですが、

 

昔から僕は才能があったとか、
ビジネスに詳しかったとかは全くありません。

勉強して、新しい世界に飛び込んで行ったからこそ上記の状態を達成しました。

いろんなことを学んだり、
人にあったりしてるうちに、世の中には凄い人がたくさんいると知れました。
自分なんか、全然大したことないなと実感する日々です。

比較的若くして周囲より稼いでしまったものですから、
調子に乗ってる時期もありました。

ですが、本当にレベルの高い人達と出会って、
全くもって勘違いだったことに気がつきました笑

こんな風に書いてますが、
僕はむしろダメダメだった時代の方が長いです。

 

継母に暴力を受けるなど、複雑な家庭環境でした。
それが原因で様々なコンプレックスを抱えていました。

自信がなく常に人の顔色を伺っている

欲しいものがあるのに欲しいと言えない

そんなひねくれた子供でした。

常に不安を抱えていて自信がなく、
コンプレックスと劣等感ばかりを感じていました。

人見知りすぎて、他人と話すときは極度に緊張します

親身になってくれる友人もいないし

家族ですら自分の話を聞いてくれません。

そんな劣等感まみれで、人が怖くてネクラだった状態から起業して、
何もしなくても、
毎月400万円以上の収益が勝手に生まれる生活に変化しました。

怪しいですよね。
怪しいでしょうが、上記で書いた様に世界は広いです。

僕にとってその世界は当たり前の世界です。

それをまずぼんやりと知ってもらって、

その上でこのブログを読んでもらえたら嬉しいです。

 

このブログの理念は
「4つの自由の獲得」です。

4つの自由って何だ?という感じですよね。

説明していきます。

4つの自由とは

・経済的な自由
・時間的な自由
・肉体的な自由
・精神的な自由

のことです。

この4つの自由度を上げていく事が、僕が人生をより豊かにしていくためにやっていることです。

お金がなかったら、
生きていくためにお金を稼ぐ必要があります。

しかしそのために働かないといけないので、
時間や精神的、肉体的な余裕がなくなります。

逆に言えばお金さえあれば、
それ以外の3つの問題が解決します。

お金があるだけで、
自信に繋がるし、不安が自然となくなります。

お金を自動的に稼げる方法を知っていて、
常にお金を得たい時に得られることで、
メンタルは安定し、身近な人にもっと優しくできます。

お金があれば、時間の余裕も生まれます。
お金のために無理して働く必要がなくなるからです。

身体の調子が悪い場合でも、
お金さえあれば治療することができます。

この4つの自由は密接に絡み合っていると思います。

このブログで僕の経験を交えた
本当の意味で時間を増やす方法や、
精神的に充足感を得る方法や、
身体をどんどん健康にしていく方法について書いています。

ぜひ気になる記事から読んでみてください。

そして僕が情報をお届けしていく中で、
僕の過去について共有しておくと、
より理解しやすくなるし、ブログの内容が理解しやすくなります。

 

なので、少しばかり僕の過去の物語を今から共有していこうと思います。

 

ーーーーーーーーーユウ物語ーーーーーーーーー

僕は、
子供時代に受け続けた継母(血の繋がってない母親)からの暴力がトラウマとなり、
常に自信がない状態で20年以上生きてきました。

 

小学生〜継母からの暴力がキッカケで人が怖くなる

自分は小学生の頃から、継母から暴言と暴力を受けていました。

つらい思いやみじめな思い、悲しい思いをしたことが沢山ありました。
深夜に寝ていたら、急に叩き起こされて顔に唾を吐かれたり
「頭が悪いガキだ」「父親に似て性根が腐ってる」「将来は不幸になる」と罵られたりしました。

それは幼少期の頃の僕の性格を歪めるには十分なショックでした。
常に暴力を振るわれるんじゃないかとビクビクして、自信のない子供が出来上がりました。
子供なのに無表情で、自分の感情を表に出せない。
本当はつらくて、誰かに助けてほしかった。
暴力を振るわれた時は怖くて、とても悲しかったです。

友達の家に遊びに行くとお母さんが優しくて、
お菓子をくれたり自分にも優しくしてくれて、こんなに恵まれた家庭にいる友達が羨ましかったです。

中学生〜実の母親が亡くなっていた事を知りメンヘラ化する

次は、中学校の話です。

僕は小学校で性格が歪みまくり、
中学校に上がります。

怒りに我を忘れた継母が包丁を深く握って父親に脅しをかけ、警察沙汰になったり、
ガラスの花瓶を父親に向かって投げつけたり(もし命中していたら大怪我をしていた事でしょう)

こうした出来事を経て、家庭環境はどんどん悪化していきます。
僕は、ヒステリックになり暴力を振るう継母を、心の底から憎みました。

怒り狂い、髪を振り乱し、鬼の形相で暴力を振るってくるその女の姿を見て、
「なんて醜いんだ」
「なんで僕がこんな目に合わないといけないんだ」
「畜生。ぶっ殺してやる」

そんな事を何度も思っていました。
この女さえいなければ、自分はもっと幸せな人生だったはずなのに。

そして中学2年生の頃、父親からある事実を聞かされます。

「実はな、〇〇(継母の名前)はお前のお母さんじゃないんだ。」
「実はお前の本当のお母さんはな、お前が3歳の時にガンで死んだんだ。」

その言葉を聞いた瞬間、僕はとても安心した事を覚えています。

それまでは継母が自分の母親だと言われ、それを信じて育ってきました。

が、継母の鬼のような言動、姿を見ていて、
心のどこかで「本当に自分の母親なんだろうか?」と違和感を感じていました。

「この女と血が繋がってなくて、本当に良かった。」

心底そう思いました。

と同時に、
・強い孤独感
・不安感
・今の自分じゃダメだ、という劣等感

そういったものを強く感じるようになりました。
毎日が苦痛でした。
自然と涙が出てくるときもありました。

子供の頃から暴力を受けて、潜在意識ではずっと感じ続けてたんだと思うんです。
でも目の前に継母がいて、いつキレるか分からないという状態に意識が集中していて、気が付けませんでした。

そんな継母が自分の母親でないことを知り、
中学に上がってからは体格も大きくなり、殴られてもやり返したりして、肉体的な痛みが減ったことで
心の問題が出てきたんだと思います。

そんなこんなで僕は3年生になり、
高校受験し、無事合格します。

高校生〜クラスで孤立し2年間1人で生活する

次は、高校時代です。

高校生になってからは、僕は祖母の元に引き取られて暮らし始めます。
家で寝ている時に怒り狂って叩き起こしてくる人もいないし、
安心して暮らせるようになりました。

ですが、今度は周りに自分よりデキる奴が多い状態になりました。
たまたま僕は10クラス中1クラスだけある、進学クラスに入れたのです。

僕の周りにいた友人は、
頭の出来が良いし、家庭環境も恵まれていて
自信に満ちているように思えました。

そんな中僕だけは、
(人が怖くてコミュニケーションが苦手なので)会話で空気が読めなかったり、
(失敗が怖くて常に緊張しているので)スポーツが全然ダメだったり。

クラスメートからは残念なヤツ、という扱いをされていました。
勉強もクラスで下の方です。
完全に落ちこぼれです。

ある日、クラスメートから言われた言葉はとてもショックでした。
「勉強もスポーツも容姿も、俺はお前に負けてる所1つもないわ。逆に俺に勝てるとこある?」

その言葉だけでもショックなのに、
確かに事実だと思ってしまい、言い返せなかったのがすごく悔しかったです。

劣等感をこじらせた僕に、更なる追い打ちがかかります。
2年になった時、僕だけ進学クラスから落ちてしまったのです。

「え、自分だけなんでクラス違うの??訳がわからん、、、」

2年になって最初の登校日に張り紙を見て、僕は頭が真っ白になりました。

そして指定されたクラスに行きました。
当然知り合いは誰もいません。

なんで自分だけ、、、

クラスで落ちこぼれだった僕も、かろうじて進学クラスであったことから
小さなプライドが保てていました。

「俺は進学クラスだから、普通とは違う」

そんな最後のプライドも、クラス落ちしたことで崩れ去ります。

自分だけクラス落ちしたショックと、
俺は普通の奴らとは違うんだ、、という変なプライドが相まって、

最初の数日間は新しいクラスメートの誰とも話しませんでした。

ですが数日もすると、徐々にクラス内でグループができ始めます。

このままだと孤立してしまう、と焦った僕はこう思いました。

「隣の奴に話しかけよう。絶対に仲良くならないと」
「大丈夫、仲間が欲しいのは相手も同じはずだ」

そう自分に言い聞かせ、
意を決して隣の席の奴に話しかけました。

ユウ「XX君って、〇〇部だっけ?」
XX君「いや、違うけど」

緊張しすぎて、何を話したかは覚えていません。
それまでの人生で一番勇気を振り絞った瞬間だったと思います。

ですが結果は、
全く話が噛み合わず、会話が終了してしまいます。

コミュ障で、弱すぎる僕の心は完全に折れました。
もう話しかけるのが怖すぎて仕方ないのです。

そこから2年間、僕は誰とも友達になれずに、
ぼっちで高校生活を送りました。

体育祭とかのイベントは本当につらかったです。
何度も休もうかと思ったけど、休むと逆にみじめさが際立つ気がして、意地になって出席しました。
(誰とも話さずに1日が終了しました)

進学クラスの奴らが
「あいつはぼっちになったらしい」

と好奇心で見に来たりしましたが、
僕は机に寝たふりをしてやり過ごしました。

僕は2年間、ほぼ机に突っ伏して寝ていたので、
全然思い出がありません。

学校で誰とも喋らないので、喋り方を忘れてしまいます。
コンビニで物を買うだけなのに、ひどく緊張します。

上手く声が出なかったらどうしよう、変な奴だと思われたらどうしようと不安で仕方がないのです。

あとは、普通の歩き方が分からなくなります。
自分の歩き方が変で、周りから笑われてるんじゃないか。

人と絡まなすぎるが故に自意識過剰なので、学校の行き帰りに歩いてるだけでも緊張するのです。
上手く歩けてるかな、と家の鏡の前で練習したりするのです。

高校生活が早く終われば良いと思っていました。
そんな惨めすぎる生活を送っていたので、孤独感や劣等感は日に日に強くなりました。

そしてその反動で、絶対に人より成功してやろう、クソみたいな人生からなんとか逆転してやろう

という気持ちが強くなりました。

そんな気持ちを強く持ったまま、大学に入学します。

大学生〜コンプレックスをこじらせてビジネスの世界へ

で、大学に入るわけですが、
僕はコンプレックスの塊でした。

自分は人よりも能力が劣っている。
人に笑われるような、惨めな人生を送っている。
いつもそう思っていました。

これが深刻でした。

大学の周りの学生は、
環境に恵まれて育ち、能力があって自信があって、
いわゆるリア充と呼ばれる学生が多かったです。
彼らはみな楽しそうにキャンパスライフを送っています。

ですが、僕はそんな生活では全然満足できませんでした。
そんな人並みの生活を手に入れるために、今までの苦しい人生があったのでは割に合わない。

本気でそう思いました。
(コミュ障すぎて大学内でぼっちだったので、人並みの生活すら手に入れられてなかったのですが)

そんな時ですね。
ビジネスの世界に出会ったのは。

この世界は、本当に衝撃的なものばかりでした。

サラリーマンの平均年収が400万程度と言われる中で、数千万円を稼ぐ人たちがいたり。
1秒も働かなくても、月収で100万以上を稼ぐ人たちもいたり。

想像がつかないほどの額を稼いで、欲しいものが何でも買えたりとか。
それでいて時間もあったり、やりたい仕事ができていたり。
知識があって人間としても魅力的だったり、人から尊敬されていたり。

意味不明な世界でした。

「こんな人たちと比べたら、、俺の人生って本当にひどいな」
と思いました。

と同時に、彼らのようになりたいと強烈に思いました。

僕はひたすら、
ビジネスの世界
起業の世界

に憧れを抱きました。

本屋に行って起業関連の本を買ったり、
意識高い系のセミナーに行ったり、
企業の長期インターンに行ってみたり、

ビジネスの世界のことを学びまくりました。

ビジネスとの出会いと初月で41万の利益、そして価値観が激変

大学5年生のときに、僕はビジネスを始めました。
最初は、転売をやっていたのですが、
なんと初月で41万円も稼ぐ事ができました。

「まじかよ、、信じられん」
価値観が崩壊しました。

今まで自分は何もできない、と思い込んでいたのは何だったのだろうか?
と思うのと同時に

お金持ちの価値観、知識、思考を徐々に手に入れると共に
こうも人生は変わるのか?
と思うくらいあらゆる状況は良くなっていきました。

ビジネスは楽しくてたまらなかったです。

価値を生み出して、お金を稼ぐ。
そして成長して、自信がつく。

この流れが楽しくて仕方なくなりました。

その後、大学院の先輩達と人材ビジネスを立ち上げて稼いだり、
コンサルティング会社での修行期間を経て、

勉強して成長して、
価値を生み出して稼ぐ、
そして自信をつける。

そして稼いだお金を投資していき
また稼いで、、、を繰り返し
生きていくには全く困らない額を自動で稼げるようにはなりました。

この頃になると、コンプレックスはどんどん小さくなり
積み上げてきた自信によりメンタルは非常に安定していました。

その過程で、様々な人と出会いました。

僕は彼らから素直に学びまくりました。
お願いしてビジネスを教わったこともあります。

その人は
「ちょろっと稼ぐくらいなら今のままでも良いけど、
年収数千万を超えたいなら、マーケティングや仕組み作りをちゃんと学ばないとダメですよ」

と言いました。

「仕組み作り?良くわからん」
と思いましたが学びました。

結果として、

僕のビジネススキルは向上し続け、
その分収入もどんどん増えます。

そして、いつの間にか月収400万円を突破していました。

しかもその時は仕組みが出来上がっているので、
ほとんど働いてなかったです。

お金に余裕があるので、
いろんな経験ができるようになります。

色々な経験をしているので、人と会ったとき話題に困らなくなりました。
時間と心に余裕があるので、プライベートの友達もどんどん増えていきました。

尊敬している人たちに言われれたように、
勉強して勉強しまくります。

学んだことを活かしてビジネスを作り、
人に感謝されて、それがお金になり、
そのお金を成長のために投資してさらにパワーアップして、
そのサイクルがとても楽しいのです。

お金が手に入るというのももちろんなのですが、
新しい知識を得たり、未知の物事に遭遇して世界観が広がるのが楽しくて仕方がありません。

プライベートも充実して、仕事も充実して、
人生がどんどん楽しくなっていきました。

外注化して、
人に仕事をやってもらうことも覚え、
自動でビジネスを進める方法も学び、実践しました。

結果として、本当に全く働かずに
どんどん利益が出るようになります。

学んできた知識を活かして
法人に対してコンサルティングを提供したり、

ビジネスで困っている経営者の知人がいたら、
アドバイスをしたりしました。

東京の一等地である六本木でエステサロンを経営したりもしてみました。

ビジネスをやって得たお金と自信、4つの自由

このようなビジネス経験は、
知識と思考方法、
さらにはお金持ち特有のマインドや世界観を得たからこそできました。

お金を稼ぐことで、揺るぎない自信を手に入れ、心にゆとりができました。

4つの自由のうち、
経済的な自由を手にして、それが時間、精神、肉体的な自由に繋がったのです。

時間に縛られることなく、不要なストレスを受けない生活をしていると、
身体の調子も自然と良くなっていきます。

自由な時間ができたのは本当に良くて、
好きなだけ趣味の読書をしていられるのは幸せなことだと感じます。

読書は趣味としても楽しいし、学んだことが仕事に繋がるのもまた楽しいですね。

料理も好きで、一流フレンチのシェフから料理を教わったりしていました。
凝り性なので、「美味い」とは何かを科学的に学んで作る料理に活かしたりと、一時期かなりガチで取り組んでいました。

絶対の正解がない中で、自分なりに思い描いた味に試行錯誤しながら近づけていく過程がとても楽しかったです。

あとは鮨も好きです。
じっくり噛みしめる中でジンワリ舌の奥から旨味を感じられる白身のネタが特に好きです。
日本酒が欲しくなります。

あとはジムに行ってトレーニングをすることも好きですね。
朝に運動した日はかなり気持ち良く過ごせますからね。
趣味でキックボクシングもしています。

外食以外の食事は家政婦さんに作ってもらっていて、
健康には気を遣うようにしています。

人間身体が資本なので、大事にしています。

ですが、お金がないなら、
お金が最優先です。

お金を手に入れて、時間と心に余裕がないと
結局身体が不調になってしまうかも知れません。

なので、4つの自由のまずは、経済的自由を手に入れる。
その結果として、時間も心も身体も自由になる。

これが僕の考え方です。

「4つの自由の獲得」の背景としては

本来人はもっと自由であるはずなのに、
今の日本人をみていると、
昔の僕も含めて不自由そうに見えることがあります。

そしてその不自由さからは、知識を得て稼ぐことで
解放されることができるというのが僕の考えです。

だから、4つの自由を獲得して
解放されましょう、ということですね。

ーーーーーーーーーユウ物語終わりーーーーーーーーー

改めて、4つの自由の説明

いかがでしたでしょうか。

僕のブログでは
「4つの自由の獲得」
という考え方を基にして読んでもらえると、理解しやすかと思います。

僕はYoutubeやメールマガジンで情報を発信しているのですが、

「ユウはもともと賢かったから出来たんだ」
と言われることがあります。

だから稼げたんだ、みたいに言われますが、
そんな事はありません。

断言できます。

僕は文章も書けなかったし、
コミュ障すぎてプレゼンも超苦手でした。

コンビニのレジで話すことですら超緊張したエピソードから、
僕のコミュ障っぷりが想像して頂けると思います。

それくらい何もできませんでした。

その癖こじらせててプライドばかり高い。
自分自信の弱さや過去に向き合うこともできない。

そんな人間でした。

ですが、そんな人間でも変われる。

ちょっとしたキッカケと知識、思考方法、マインド
それらが組み合わさると、本当に人生が開けていきます。

このことを読んでくれたあなたに伝えたいです。

結局ビジネスは難しそうに見えますが、
日本人はビジネスを学ぶという発想に乏しく、みんな学ばないから、
学べばゴボウ抜きできるんですよね。

内容も日本人の理解力や知識レベルがあれば
わからない事はあり得ません。

学べば学ぶほど稼げるようになるし、
それが時間と余裕を生み、
さらに学ぶようになる。

人生はどんどん豊かになっていきます。

このブログがきっかけで、
人生を変えていける人が増えていったら、
それはとても嬉しい事です。

「4つの自由の獲得」を目指していきましょう。

そのために僕はメールマガジンを発行しています。

メルマガでは、もっと濃い話をしております。
無料なので、ぜひ興味がある方は登録してみてください。

メルマガ限定の企画なども流しますし、
ここまで読んで頂いた方は登録して損はしないかと思われます。

下記から登録可能です。
ユウのメールマガジン

 

おすすめ教材/サービスについて

教材に関しては、記事でまとめましたのでご覧ください。
ユウのおすすめ教材/サービスについて

 

コンサルティングについて

現在単発のご相談のみ受け付けており、
公式には募集してません。

ですが、熱いメールをいただいた方には、
審査後コンサルする場合があります。

値段は半年で100万円、3ヶ月50万円です。

コンサル内容は、
その人の状況次第です。

どうしても興味ある人、
人生を変えたい人

メルマガ登録後送られて来るメールに
返信を頂ければと思います。

ユウでした。

 

 

 

 

 


【下記のリンクをクリックして、新卒2年目で月100万円稼いだ物語の続きを読む】



18 件のコメント

  • この記事を読んで一番最初に思ったことは「過去の出来事は切り捨てて、今自分が出来ることに全力で挑む」ということがいかに大切であるかということです。
    ユウさんとは逆に、僕は恵まれた家庭環境で育ってきたにも関わらず、お金の不安をずっと抱えていて、常に働きっぱなしの毎日です。
    じゃあなにかビジネスの勉強をしているのかといわれればそうでもない、毎日が忙しいという理由で勉強から逃げていたんです。
    でもこの記事を読んで自分よりも大変な思いをした人がここまで頑張ってるんだから、自分も少し頑張ってみようかなって思えました。

  • フランクに書いてくれていてサクサクと読みやすかったです。
    あとは、海外に行った時や食事の写真などもブログに貼ってもらえると見てる方はもっと引き込まれると思います!
    サッカーゲームやキューの写真はありましたが、実際の蓄音機の写真が見たかったです。

  • コンプレックスは人を強くしますよね。
    何かしらの劣等感がバネになって、他の人よりも成功するということは良くあると思いました。
    私自身はネットビジネスをやっていますが、そのきっかけは就活が上手くいかなかったからで、その劣等感が結果的にそういう道に推し進めてくれたのでしょう。
    だから、そういう何かしらのコンプレックスという存在は人を強くする力を持っている、意外とネガティブなものじゃないのではないか?と、過去の自分の経験やこの記事を読んで思えてきましたね。

  • 幼少期から現在に至るまで、かなり赤裸々に語っており、なんというか、信頼できる気がします。人に何かを語る(指導する、訴える)うえで、まずは自分のことを語るのはとても重要なことですからね。私は、そのように(信頼できると)感じました。読み進めるうちに、当初渦巻いていた胡散臭さのようなものは払拭され、もっと深くこのブログを読んでみたいと思うようになりました。

  • 最初に軽いエピソードを見たとき、辛い人生を送られてきたのだなと思いました。辛い過去があると後ろ向きな考え方であったり、どうしても屈折した考え方をしてしまいがちですが、そんな状況であってもビジネスをご自身で確立させているのは素直に凄いと思います。4つの自由について共感出来ますし、私自身もそのような自由を手に入れたいと思いました。

  • 文章的なところでいうと、…(3点リーダー)を使うところが「、、」の2つになっているのが、人によっては違和感を感じると思います。

    4つの自由という表現はわかりやすく、自然と読み手の中にも入ってきます。
    読んでいても一番印象に残っている言葉なので、この言葉がハマった人は救われた気分になれるかと。

    4つの自由の印象を強くするには、過去語りの部分は全て消してもいいかもしれません。
    主軸の話題だけがあった方が、読んだ人にとっての刺さり方は強いと思います。

  • 今回こちらのブログを拝見させていただきました。
    壮絶だったんだなーと印象的には思いましたが、ビジネスの事を語るまでが長いのと、壮絶なのは分かったけれど、それを救ってくれたビジネスを触れる部分が少し薄かったのかなと思ってしまいました。けれど感情に訴えかけるような文は、もしかしたら自分も成功するかも…と思ってくれる人もいるかもしれないなと思いました。

  • ユウさんの人生観には私も少なからず私も共感するところが多いです。
    私も実は継父から除け者扱いされて育ったのでアラサーになった今でも自分に自信を持てないでいます。
    一時期は本業と言って良いレベルまでアフリエイトで儲けることもできていたのですが、現在は副業というレベルの収入に落ち込んでしまいました。
    成功し続けているユウさんの記事を読んでいると、成功を持続できない自分に足りないものが少し見えたような気がします。

  • 文章内容的には誰が見てもわかりやすいように書かれていますが、学生時代にこれが実際に起こったとなると想像絶する辛さを経験されたんだろうと思います。そこから今に到達するまでも様々なことがあったのだろうと思います。
    今こうやって成功されているのは、素晴らしいことですし、若い方にとっては大きな希望であると共に大きな目標であると思います。
    下から上に上がろうと頑張る若者がたくさんいます。今後もこういった素晴らしい配信を期待しています。

  • 経済的・時間的・肉体的・精神的な自由度を上げていく事が、人生をより豊かにしていくという話は、確かにそうだと共感しました。
    「蓄音機」の転売から始まり、現在は毎月200万円以上の利益が勝手に生まれる生活とは、羨ましい限りです。
    ビジネスを原理から学んだとありますが、是非その原理を教えて欲しいと思います。

  • 転売で儲けるに関してはユウさんが賢いのもあるのでしょうけど、自分を信じた事が成功に繋がったんでしょうね。
    たまにこれ転売商材にしたら儲かるんじゃないかな?と感じる商材を見つけたとしても、その気持ちに沿う事が出来ないんですよね。
    購入してから相場が下がったらどうしよう?この商材の新商品が発売され、価格が暴落する事も?と不安になってしまって結局何も行動出来ません。
    そういった不安をユウさんも抱えていたでしょうし、それに打ち勝った結果が今なわけですから凄いと思います。

  • こちらの記事を拝見させていただいての率直な感想としましては、筆者様は相当の覚悟をもって努力されたのだろうなということです。価値観というものは人それぞれであると思いますので一概に何が正しいとは言えないと考えますが、これだけ自分の考えをきっちり伝えることができるのは、何かを成し遂げたことで自分に自信がある証拠だと思います。これからも益々のご活躍をお祈り申し上げます。

  • 私も趣味である古本屋巡りが高じて転売でお小遣い程度を稼ぐため頑張っていますが、月41万は夢のまた夢の世界ですね。
    料理人に料理を習ったり経営者に話を聞いたりする行動力は私にはないので、元々好きなジャンルに固執して視野が狭い状態でビジネスをしてはダメなんだなあと改めて思いました。

  • ユウさんの境遇を知りこんなにも辛い過去があったのに潰されず乗り越えて、ここまで成功されたのは純粋にすごいなぁと尊敬します。何度も出てくる4つの自由がとても印象に残りました。
    ユウさんの好奇心や知識を得ようとする姿勢が成功する結果に繋がったのですね。

  • 4つの自由素晴らしい言葉です。誰しもが憧れると思います。その原点がお金をもっていること。ビジネスをするのは奥が深いです。わたしも勉強して4つの自由を味わいたいです。まずなにをしたらいいのか教えてほしいです。

  • 反骨精神から来た成功なのかな、と思いました。
    経済的な余裕があると、やはり、精神的にも余裕が生まれ、充実した生活が送れるということが、文章を読んでいて伝わってきました。
    ビジネスを始めるのは、リスクもあったと思いますが、それを恐れなかった行動力は素晴らしいですね。

  • 最初の方は半信半疑で読み進んでいましたが、筆者の生い立ちや、複雑な家庭環境が分かってきて、なるほどと納得出来ました。物事には、人を動かす原動力があると感じました。結果的に、月収400万円を手にするに至った経緯や、心の動きも分かり、文章に説得力を感じました。その理由の一つとして、気負わずに普通に語りかける文章の表現方法も手伝っていると思います。

  • お恥ずかしながら、今回初めて「セミリタイア」という単語を知りました。そして、実は私もユウさんと同じくコミュ障で、学生時代には友達もほとんど居なかった寂しい人間なので、自分の事を読んでいるような親近感が沸き、私も同じようにできる可能性があると希望になりました。

  • かまくら温泉 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です