転売のコツを掴む→自然とビジネスセンスが身につく

こんにちは、ユウです。

今日は、
転売のコツを掴む
→自然とビジネスセンスが身につく

という現象についてお話をしていきます。

1、転売が如何にビジネスとして簡単か?

実は、転売って簡単なんですよ。

あらゆるビジネスの中で最も簡単といっても過言ではありません。

転売の本質は

「安く買って、高く売る」

これにつきます。

どこで仕入れるとか、どこで売るとか、
ロットで仕入れるとか、海外から仕入れるとか、
どこの転送業者を使うとか、

そういうのは、全部、枝葉の議論です。

本質は、
・安く買えるか
・高く売れるか

ここになります。

高く売るっていっても、もちろん市場価格で売ります。

決してぼったくるわけではないです。

ですが、こんな簡単なビジネスモデルは、なかなかないわけです。

この本質さえ押さえておけば、

中国から仕入れて、日本に売る。

日本で仕入れて、アメリカに売る。

沖縄で仕入れて、東京で売る。

伊勢丹で仕入れて友人に売る。

なんでもできるわけですね。

身の周りにあるものが、商品に変わる可能性があるわけです。

実際、自分がかなり稼げたアンティークの商品は、少し高級な店とかに行くとあったりするものですね。

そう、個人向けじゃなくても、法人とか店舗むけの商品を仕入れるのも良いですよ。

例えば、よくバーにあるネオンとか良いですね。
蛍光灯みたいなバーを曲げて、
「RED BULL」とか
「Coca Cola」みたいなやつ、よくあるじゃないですか。

 

あれって、海外と価格差があったりするので、

差益で1個5000円とかとれますね。

しかも、結構定期的にネオンがダメになってしまうみたいで、
買い替え需要のリピーターも多いです。

こんな風に、意外と儲かるモノって生活していると転がってるんですよ。

個人向けに限らず、「お?」と思ったら価格を調べてみる癖をつけると良いですね。

 

「転売は飽和するのでは?」

という意見が出たりしますが、

それは、たくさん販売者がうごめいている市場だからです。

販売者がたくさんいるし、購入者がたくさんいる。

これはまだいけます。

最悪なのは、販売者たくさんいて、購入者少ない場所。

一番理想な市場は、

販売している人は少ないが、購入する人は多い場所。

あるいは、単価がとてつもなく高い場所。

こんな感じで、

まずは、自分が転売をしたいのであれば、市場分析するのが大事かと思います。

また、日本でこの商品はもう売れないよ。

つまり、飽和状態というやつですね。

このような、状況は頻繁に発生しますが、

市場をずらす(アメリカから日本ではなく、インドから日本に輸入)

付加価値をつける(ダイビングツアーにゴーグルを同時に売る(クロスセル))

など、考え方を変える事さえ出来れば、転売が飽和する事は、ありえません。

 

ここまでしなくても、
王道のやり方は未だに通用します。

聞いた話だと、ヤマダ電機で買って、Amazonで売るといういわゆるせどりもまだまだ余裕で稼げるそうです。

30万くらいなら稼いでいる人はザラにいるとか。

せどりが飽和しない理由は、プレイヤーが常に入れ替わってるからです。

せどりというビジネスは、店舗で仕入れるという特性上、アウトソーシングが難しいです。

つまり、常に自分がプレイヤーになる必要があります。

なので、稼ぎ始めると、今度は、人にその稼ぎ方を教えるわけですね。

このようにして、常にプレイヤーが立ち代わっているというわけです。

僕もネットビジネスを始めた初期は、転売から始めました。

ネット仕入れで、アパレル、アクセサリー、コレクター商品、レジャー商品、美術品、キッチン用品などなどを仕入れた経験があります。

そうした経験の中で、

月に100万ほどを稼げる商品を仕入れる事もできるようになりました。

「飽和してる。」

転売をやっていると、とてもこの言葉は耳にする機会が多いです。

でも実際に僕がやってみると、

「あれ?稼げたよ?」

ということがとても多いです。

つまり、工夫が足りない事ということです。

せどりだったら、

ブックオフで永遠に100円の棚をバーコードリーダーで調べている人がいます。

これは、誰でもできるし、作業時間が収入に直結するので、工夫も糞も無いです。

これは、作業時間とれない人からしたら飽和しているわけです。

ここで、あえて高価格本を買ってみたりだとか、
ゲームの本体を仕入れて、バラ売りしてみたりだとか、
そもそも仕入れ先を変えて、フリーマーケットにしてみるとか、

このような工夫をすると、ライバルをごぼう抜きする事が出来ます。

何かしらの方法を工夫していく事で、どんどんライバルは減っていきます。

商品がたくさんあったら、全部買い占めるとか。
CDだったら、ケースを新品に変えてみたり。

工夫をしていきましょう。

2、転売がビジネスのセンスを磨く

ここまででも述べた通り、

市場リサーチ、付加価値をつける、独占してみる、市場をずらす。

このような考え方は、どんなジャンルでも必須な訳です。

○○は稼げない、という話はよく耳にしますが、
それは、超強いライバルが既にいる市場で戦っていたりとか、
超強い人はいなくても、ライバルが超多い市場で戦っていたりとか

あまり工夫せずにビジネスをしているケースが多いです。

しかし、転売の例でも気が付いたと思うのですが、

本質である
安く仕入れて、高く売る、を抑えつつ、

工夫をすれば稼げるようになります。

で、この工夫の仕方にも一定のパターンがあって、

・市場リサーチ
(→顧客の欲求を深く理解して、満たされていない需要を見つける)
・付加価値をつける
・独占してみる
・市場をずらす
(→年齢性別、属性などでターゲットを絞る、地域を絞るなど)

こうした工夫をするという癖を身に着ける必要があります。

このように、転売を本気でやって、

工夫する考え方を身につければ、

どのビジネスでも成功する事が出来ます。

そういった意味でも、転売を初期でやって、センスを磨くのはいいなあ。

と思ったので、今回はこんな感じの記事を書いてみました。

アフィリエイトを始めてみたけど実績がでていなかったり、
せどりでも中々稼げないという人はぜひ参考にしてみてください。

こんな記事も書いています。
会社(仕事)を辞めるのに本当は勇気なんていらない