資格なんて持ってても儲からない。弁護士ですら

こんにちは、ユウです。

今日は、資格について書いていきます。
稼ぐには、何らかの資格が必要というイメージは根強いです。

では資格を取れば、本当に儲かるのか?というと
これなんですが、ぶっちゃけ世間のイメージほど儲かりません。

それどころか、資格を持てば稼がるというのは勘違いも良いところです。

完全に資格の専門学校の宣伝文句にやられているし、
世間の「常識」といったものに操られてしまっています。

例えば、一般的に儲かっていると言われている弁護士

本当に儲かっているんでしょうか?
コストパフォーマンスだけ見たら儲かってないと言わざるを得ないです。

実は、弁護士は平均で年収650万です。

僕の中ではこの金額は全然稼げていないと思います。

さらに残念な話で、
2割の弁護士は年収が100万円を切るという状態との事です。

100万って、あまりに酷すぎる。。
おまけに弁護士会に払う会費が年に100万あるそうです。

その費用を払ったうえでの平均年収650万。

これは僕には高いようには思えません。
大学の法学部に入学して、大学時代に猛勉強して、
司法試験に合格した結果の年収ですから。

僕は、大学で司法試験の勉強をしている知人がいました。
弁護士になる為に、いつも勉強をして予備校にも通っていました。

結局、弁護士以外の道を選んだ様でしたが、あれだけ勉強してもやはり簡単には受からないものだと感じました。

大学生活を少しの息抜きと司法の勉強に充てて、才能にも恵まれやっと受かった結果が650万。。。

もちろん、弁護士という仕事にあこがれて目指す場合は良いと思うのです。
社会的に立派な仕事だと思いますし、全く否定しているわけではありません。
むしろ、真の意味で弁護士をしている方は尊敬します。

法律のプロフェッショナルとして人を助けているわけですから。
素晴らしい職業だと思います。

しかし、中には、
日本の肩書き絶対主義や資格学校の甘い声により
お金を稼ぐために弁護士という仕事を選択している人がいるのも事実です。

これって、知らないが故の悲劇だと思うのです。
もし仮に、調べれば出てくるレベルの年収の真実を知っていたら、
弁護士を目指さない人も出てくると思います。

それでもテレビには、稼げるスーパー弁護士が出ているし、
親世代なんかには、弁護士は稼げるイメージがあるから人気あるし、
漠然と稼げると思ってしまうのもわかります。

でも、それって事実と違うよねっていう。

日本って資格絶対主義なので、資格がないと稼げないってイメージが強いですが、
これホント勘違いだと思います。

資格があるから何?って感じです。

たしかに体系的な知識を得られたり、
資格があることで可能になるビジネスもあります。

それでも、資格を得るのだってタダではないですからね。
弁護士であれば、ロースクールに入ったり予備校に入ったりと費用がかかりますし、
そこに通っている分に稼げたであろう年収が機会損失としてさらに1000万円単位で発生してきます。

お金稼ぎという観点からは、厳しい感じです。
お金を稼ぎたいなら、正しい方法でやらないと苦しいだけです。

この事例から感じ取った方も多いと思いますが、
リサーチ→準備→実行という3段階があったとして、

どの段階が一番重要でしょうか?

もちろんリサーチですよね。
きちんとリサーチする事に力を割くべきです。

そこがずれたままだと、正直あとで修正するのが大変なので。
正しい情報を得るべくリサーチすべきです。

ネットビジネスでいえば、成功者を分析して、
どんな方法であれば稼げるのかを調べる事ですよね。

余談ですけど、ある程度調べたら、今度は誰か一人、成功者を徹底的に研究してみましょう。
これがネクストステップになります。
その人のブログを徹底的に読み込んで、Twitterとかのメディアも全部読み返して、

ストーカーばりにその人のコンテンツを吸収しまくるのです。
もちろん、複数の成功者から吸収したい気持ちは分かりますが、

誰か一人を選ばないと、それぞれ言っている事が微妙に違ったりして、
結局身にならなかったりします。

好み、とか感情的な理由でいいので、誰か一人リサーチする成功者を決めた方が良いですね。

で、その人から学びまくると。
分からなかったら質問を送るとか、有料の教材をかうとかもガンガンした方がいいです。

正しい稼ぎ方を色々調べてみて、
これだ、と思える成功者から徹底的に学んだら、
成功したビジネスのやり方をある程度再現できるようになる訳です。

こうなったらもう、資格に依存しなくても大丈夫ですよね。
当初の目的であった稼ぐ、という事が達成できます。

依存、という単語が出てきたので
依存についても書きます。

依存って、ビジネスにおいても危険です。

先の例だと、弁護士資格に依存をしてしまってるわけですね。
政治的な理由によって、弁護士数がどんどん増えて、需給が崩れて稼ぎが少なくなってしまったら、、
AIの発達により、簡易な法律相談の需要が奪われてしまったら、、
(こんな記事もありました)
AIロボットが法律相談でベテラン弁護士に「完勝」

一気に立ち行かなくなってしまうわけです。

これってもの凄いリスクじゃないですか。
一つの資格に依存して、常に外部環境の脅威にさらされ続けます。

全く依存しなくなる事は難しいですが、できるだけ依存先を分散させることで、
リスクを減らす必要があります。

でも多くの方が1つの収入減に依存しているのが実態です。
特にサラリーマンの方なんかは典型ですよね。

これだとある日ミスして、給料が下がったら大ダメージです。
この状態を避けたいから、言いたい事も言えなくなるし、
無理してでも会社に合わせようとしてしまう。

昇進が気になって上司の顔色をチラチラうかがってしまったり、、
休日出勤などの無茶ぶりにも必死で応えようとしてしまいます。

だから、複数の収入減を持つことを意識しましょう、という話ですね。
1つに依存は、ちょっと考えればわかりますが、超危険です。

こんな記事も書きました
会社(仕事)を辞めるのに本当は勇気なんていらない