資本主義を攻略する4つの手段を知ろう

こんにちは、ユウです。

今日は、資本主義を攻略する4つの手段についてお話していきます。

僕はブログで何度か、
金持ち父さん貧乏父さん、という本に出てくる、

お金持ちになるための雇用形態の変遷について書いたことがあります。

これは
4つのプロセスに分かれていて、

E(employee。被雇用者)
→S(self employed。自営業者)
→B(business owner。ビジネスオーナー )
→I(investor。投資家)

という変遷をたどるとの事でした。

最初は雇われて、自ら価値を出せるような自営業者となり、
仕組化して人に任せてビジネスオーナーとなり、
最終的に資本家となるという。

資本主義におけるスゴロクみたいなものですね。

ちなみに僕は自営業者兼、ビジネスオーナーです。

時に投資家としての活動もしておりますが、
不確実性が高く、一定の金融資産が必要となるために、推奨しておりません。

投資家としても生活するレベルでの収益を得ることはできていますが、

まずはビジネスで金銭的に安定して、精神的な安定を得ることが先決だと考えています。
資産の額が少ない段階では、投資効率が全然違いますので。

で、決して余剰資金以外で、投資活動をしてはいけません。

これは心の底から思うことです。
FXで、一瞬で何百万も失う人が後を絶ちません。

ビジネスで安定収益を得る
これが資本主義を攻略していくうえで確度が高い方法と僕は考えています。

そのためには、自動的に収益が出る仕組みを構築することが重要になるわけです。

お金と時間の両方を得るには、
これが最も合理的な手段になります。

年収1000万程度のレベルまでは、
仕組み構築を優先して行うべきです。

それを達成することは、
従業員では不可能なのです。

ここでは従業員というのは、
広義での従業員として考えてください

例えば

・日雇い、
・アルバイト、
・派遣社員、
・会社員、など
を指しています。

で、

残念ながら従業員は、
どれだけの価値を提供したかといって、報酬が得られるわけではありません。

価値ではなくて、時間をどれだけ提供したか?です。

つまり、時間を切り売りしているわけですね。

だから、稼ぎたくても時給が決まっています。

どれだけ実力があろうと、時給が5000円にはなかなかなりません。

お金を握っているのは経営者ですし、
給料を決めるのも経営者です。

従業員だと、お金に対しての自由度があまりにも低いことが分かりますでしょうか

僕は、従業員はすべからく

時間を切り売りする、
肉体労働の販売業者と考えています。

世間一般でイメージされる、いわゆる肉体労働者でなくても、
従業員である以上、肉体労働であることは変わりありません。

だって絶対肉体使ってますから、
オフィスに通う時点で、肉体疲労は避けられません。

確かに、工事現場とか、引っ越し屋とか、工場で働くことよりは

頭脳を使っているかもしれません。

でも、それは程度問題であって、
自らの肉体を使って稼いでいる事実は変わらないです。

毎朝早く起きて、満員電車にゆられて、
オフィスに詰め込まれて一日中PCに向かっている状態って、やっぱり頭脳労働的とは思えないのです。

もちろん、対面でのコミュニケーションを図ったり、
物理的に近い位置にいることのメリットもわかります。

ですが、本当にオフィスで顔を合わせないといけない時間って限られてると思うんです。
もちろんセキュリティの問題とかもあるけど、改善の余地は絶対あるだろうなと思います。

通勤という文化は、悪しき習慣だと本当に思いますね。

僕は独立して通勤時間がゼロになりましたが、メリットしかなかったです。

朝ギリギリまで寝れますし、自宅の本棚には大量の参考書籍があるのですぐに引っ張りだせますし(Kindleも併用してますが、紙でサクッと確認したい本もある)

朝の一番元気な時間を仕事にあてれるわけです。

今までは、その時間を通勤に充てていました。
一日で最も生産性が高い時間をドブに捨てていました。

uber eatsを使えば、自宅にいるまま食事もとれますので、

作業時間が超増えました

同僚とかが話しかけて来ることもないから集中時間がずっと続くし。

もちろん、強制力がない分、別の大変さはありますよ。
一人でずっといたらだらけてしまったり。

そういったデメリットを差し引いても、僕は通勤しなくなって最高に良かったと思います。

一人で、自宅で仕事に集中できた時は最高にハイですよ。

僕はインテリアを季節に合わせて、模様替えして、好みの感じにしているので、

好きな居心地よい空間で集中するって、すげー気持ち良いです。
(といっても、ニトリでクッションカバーとか布系の製品をまとめ買いして統一感出した程度ですけど)

業種にもよると思うんですよね。
例えば、プログラマーが会社に通うとかどうなんって思いますもん。

自宅でいいじゃん。

これも常識ってやつなんでしょうか。
けど、これ誰が幸せになるんでしょうね。

話を戻しますと、

従業員である=時間と労働力の販売業者

です。

なのに重要な資産である、
時間を通勤時間にしてしまうなんて。

超もったいないですよ。本当に。

そして従業員である以上、
自由にはなれない事が、今回の記事を読んでイメージしていただけたかと思います。

それが今回一番言いたいことです。

資本主義を攻略する4つの段階

E(employee。被雇用者)
→S(self employed。自営業者)
→B(business owner。ビジネスオーナー )
→I(investor。投資家)

自由になるには、自営業を経て
ビジネスオーナー以上になるしかありません。

こんな記事も書きました。
20代で1日10万円稼ぐビジネスオーナーになるには