東進ハイスクールだってインフォビジネスだ

こんにちは、ユウです。
 
 
情報発信ビジネスにまつわる疑問として、
「情報を売るのってどうなの?」
という心理的なブレーキがあるせいで、
なかなかアクセル踏めない人がいるみたいです。
 
 
 
 
僕も最初は
ものすごく抵抗がありました
 
自分が提供できるものなんてないとか、
情報を売って価値を感じてもらえるのかとか、
てか本のほうがうまくまとまってるでしょ、、
 
とか色々と考えました。
 
だから、今日はその抵抗を
除外できる話をします。
 
 
 
僕が情報を売ることに抵抗を感じてるあいだ、
色々と調べていて知ったのは、
 
 
誰もが知っている
「東進ハイスクール」
も情報ビジネスであるということ。
 
 
 
東進ハイスクールって、
「今でしょ」で有名な林修が入っている
日本で最大手の予備校です。
 
 
この予備校、
東進ハイスクールとは別に
東進衛星予備校というものを持っているのですが
 
 
その予備校は、ほとんどが映像授業です。
 
つまり、授業がめちゃくちゃ上手い先生が
映像(コンテンツ)を撮影して、
それを届けるだけで授業になっている、
 
 
ってことです。
 
 
 
ちなみに授業料は、
一つの講座で7万円です。
(コースで入るともう少し安くなる)
 
 
 
 
動画で言うと、
大体20個~30個ほどかな。
 
 
動画を一回作ってしまえば、
あとはそれを何度も配布するだけなので
 
 
 
 
受講者が増えるたびに
7万、7万、7万、、、
 
 
 
 
と入ってきます。
 
 
 
 
しかも、これに加えて
直接指導(授業)付きのコースで入ると、
さらに+10万とかかかってきます。
 
 
 
 
要するに、東進ハイスクールも
れっきとした情報商材ビジネスをやってるわけです。
 
 
 
 
いま、東進衛星予備校は
全国に1000校以上はあるので、
どんだけ儲かってんねん、という話です。
 
 
 
 
 
 
でも、映像コンテンツだから何度でも見れるし、
生徒のペースに合わせて学習を進められる。
 
 
人件費もかなり抑えられる。
めちゃくちゃ合理的なビジネスなんですね。
 
 
 
 
 
 
と、考えると、
大手がやってるわけなので、
僕らもやっちゃっていいわけです。
 
 
 
 
というか、むしろそっちのほうが
ビジネスとしては価値提供になるし、
情報ビジネスも本気でやれば大企業に成長できます。
 
 
 
 
 
 
ちょーっとだけ難しい話しますけど、
 
 
ビジネスの歴史を見てみると
価値が宿る場所って
 
 
 
 
食料→モノ→情報
 
 
と進化していってます。
 
 
 
 
食料が十分足りるようになって、
モノが増えて飽和するようになって、
次は情報が求められるようになった。
 
 
 
 
農業革命
産業革命
情報革命
 
 
という順で進んでいます。
 
 
 
 
モノの価値が下がっているから、
三種の神器なんて呼ばれた
冷蔵庫とか電子レンジとか洗濯機とか
 
 
価格が下がりに下がってます。
 
 
Amazonが出てきて物流にも革命が起きたし、
もう実際のところ、
モノを作って儲かるのは難しいのです。
 
 
 
 
 
 
じゃあ、次に何が求められるかっていうと、
「情報」
へと進化していきます。
 
 
 
 
 
 
人間は、いくら変わっても
欲望に際限がありません。
 
 
 
 
女性は、
太っていて、ちゃんと痩せれたら、
次は肌をキレイにしたいと考え、
キレイになったら、スタイルを良くしたいと考え、
それができたら、小顔になりたいと思って、
二重になりたいと思って、
頬を吊り上げたいと思って、
男に振り向いてもらいたいと思う。
 
 
 
 
だから、ガンガン自分にお金をかけていくんです。
 
 
 
 
だから、
 
 
身体を痩せさせる情報コンテンツ、
肌をキレイにする情報、
スタイルをよくするための情報、
高価格のプチ整形、
 
 
などはガンガン売れていくわけです。
 
 
 
 
あと、人間って知的好奇心が
めちゃくちゃ強い生き物です。
 
 
 
 
本能的に世界を広げるための
プログラミングがされているわけです。
(平和な時代には消されてるけど)
 
 
 
 
だから、もとから「学びたい!」
という欲求はあるわけだし、
その欲求を満たすビジネスは
どんどん儲かっていくのです。
 
 
 
 
そう考えると、
情報を売るっていうのは
いまの時代にマッチした
最適な手段なんですね。
 
 
 
 
 
 
人間、人生を変えたい、
って本気で思ってますからね。
 
 
 
 
実際、人生を変えることはいいことだし、
それで豊かな人生になれば
もっと世界も明るくなってくる。
 
 
 
 
だから、何度だって人生を変えていいんです。
 
 
 
 
僕も、これまで受験、ビジネスと
何度も生まれ変わってきましたが、
もっともっと変化したいと思ってます。
 
 
 
 
 
 
だから、情報への投資も惜しまないです。
 
 
勉強に関しては先生がダメだったので
自分で戦略を練って勉強をしました。
 
 
ビジネスを学ぶときも、
自分で情報を取捨選択しています。
 
 
良いと思った商品は
100万出してでも買うし、
 
 
常に本を読んだり音声を聴いたりして
自分の知識に磨きをかけていってます。
 
 
やっぱり、これが一番儲かるし、
儲かってる人は総じて勉強をしています。
 
「バカが儲かる」
とかホリエモンは言っていたけど、
バカは儲からないと
今ではハッキリわかります。
 
 
 
 
あれは正確には、
バカみたいに挑戦をして
色んな経験を積み、
人に好かれるから情報が降りてくる、
っていう感覚です。
 
 
 
 
僕の知り合いの起業家も、
この類のバカなので
稼いだ額の9割は投資に突っ込んでます。
 
 
社長にキャバクラを奢ったり、
コンサルティングに使ったり、
リスク無視でビジネスに突っ込んだり。
 
 
 
 
だから経験も得られるし、
可愛がられるから
儲かる情報もガンガン降りてくる。
 
 
 
 
僕の知り合いの起業家は勉強してないけど、
僕より圧倒的な知識と経験があります。
 
 
 
 
 
 
僕はそんなに行動力がないほうなので、
だから勉強をして戦略を練るんです。
 
 
 
 
手っ取り早く稼ぐためには、
情報に投資して、情報を発信して、
自分を成長させながら前に進むことです。
 
 
これができれば、
一気に正のスパイラルにはまり、
上の世界まで飛び級することができます。
 
 
 
 
 
 
それが王道ルートであり、
成功するための最短ルートでもあります。
 
 
では、今日はこの辺で
他にも、こんな記事も書いてます。
僕は時間を無駄にしていた事に気づき、死ぬほど後悔した
【簡単なワークあり】悪習慣を断つ。必要な事だけをやる
最速でプロになるたった1つの方法興味がある記事があれば、読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はもともと社畜のサラリーマンでしたが、
インターネットビジネスで月100万円以上を稼ぎ独立に成功しました。

現在は29歳でインターネットを使ってビジネスをしています。
コンテンツ制作、ウェブマーケティングが専門で、コンサルもしています。

貿易をやったり、芸能系の仕事にも携わったり。
かなり充実した生活を送っています。

胡散臭いですよね。周囲からは元々センスあったんだろと
言われますが僕も最初は0からスタートでした。

劣悪な家庭環境で育って、苦しすぎて毎日悪夢で目が覚めてましたし、何をやっても要領が悪いと言われてきました。
そんな僕でも会社をやめて、働くも自由、遊ぶの自由という選択肢を手に入れることができました。

稼げるようになると精神的に余裕ができます。健康的な生活も送れるようになりますし、
人生の選択肢が増え、本当にやりたいことや諦めていたものを手に入れることができます。

下記の記事では、私のビジネスの軌跡と理念について語っています。

月100万以上稼げるようになったから、ビジネスの軌跡と情報発信の理念を語ってみた

また、下記の記事ではブログを読むことによるメリットを書いています。

情報に1千万投資した、ユウのブログを読むことで得られること

学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
メルマガではブログに書かれてない話もしており、
読者の方からはかなりご好評をいただいてます。

下から無料メールマガジンに登録することができます。

ユウのメールマガジン