本当は教えたくないコピーライティング講座 理想の未来編

こんにちは、ユウです。

今日は本当は教えたくないコピーライティング講座 理想の未来編、という事で
セールスをする際には、理想の未来を伝えることが非常に重要です。

 

たとえばネットビジネスで浄水器を売りたい、となった時に、
あなたならどういう風にセールスをしていきますか?

 

考えてみました?

そしたら、そのセールス内容だったら、自分は浄水器を購入します?
これって結構ハードル高いですよね。

 

ネットでよく見るセールスは、その浄水器の素晴らしさをつらつら語るパターンが多いです。

・水の硬度が、、、
・○○社が開発の特別なフィルターを使用しており、、
・維持費が安くなる、、

とか、その製品自体の良さをアピールする内容が多いわけです。

「硬度とか知らんわ」
「フィルターが特許取ってるから何?」

となり、購入する側からしたら超冷めるわけですよ。

これがもし、

・美味しい水を飲むと健康になれる
・友達が遊びにきたときに喜ばれる
・料理が一段と美味しくなる
・もうミネラルウォーターを買わないで良い

 

という形で訴求されていたら印象は変わってきます。

つまり、

浄水器を購入する事によって得られる、新しい未来をイメージできたわけです。
その未来は、現状とは違う良い未来なわけです。

その理想の未来を感じるから、人はモノを買います。

前者と後者のセールスによる、
購入者の受けたイメージを比較すると

私→浄水器を手に入れた私
私→友人と楽しいかつ健康な私

という違いがあるわけです。

この違いこそが、理想の未来を伝えることの威力なわけですね。

理想の未来を伝えることで、

購入者は勝手に理想の未来を想像するようになります。

「いまは毎朝ミネラルウォーター飲んでて、あれ定期的に買うのめんどくさいんだよな、、 買わなくてよいならお得かも、、」

とか

「うちで宅のみするとき、美味しい水があったら絶対喜ばれるよな、、、
もし急に来ても大丈夫だし」

とか。

今回の話ってマーケティングをやる上で非常に大事なんですね。

未だに大手の企業は、

機能的価値を押し出しまくっているCMをやっています。
それはつまり道具の機能を説明している。

機能的価値ってのは、スペックとか、効能とか、そういう類のものですね。
そういう情報って、知識がないと凄さがわからないし、もともと興味がないと感情が全く動かないんですよね。

で、今回の話の場合は、

道具=浄水器

ではなくて、

「道具を得たあなたの未来は、こんなに素晴らしい未来なんだよ!」

という事をわかってもらうべきなんですよ。

単純にモノを押し売りしても買ってもらえません。

そうではなくて、物語を伝える事で商品を欲しがらせる必要があるのです。

機能的価値を説明するのではなく、
その機能により得られるメリットを箇条書きにして伝えましょう。

良い商品を紹介したい、販売したいなら。

それらによって購入者がどう「変化」するのか?
過去から未来へどのように「変化」するのか?

こうした変化について、理想の未来をきちんと提示して伝えないといけません。

逆に理想の未来さえ伝われば、どんな商品でも売れるようになります。

ぜひぜひ今回の記事を印刷して読み込んで
壁にでも貼って毎日見てください。

そうする事で、人に良さを伝えることがうまく行くようになります。

関連記事として、こんな記事も書いてます。モノが売れなくて困っている人へ。
本当は教えたくないコピーライティングの技術 「4つのnot」編