本当は教えたくないコピーライティングの技術 「4つのnot」編

こんにちは、ユウです。

今日は本当は教えたくないコピーライティングの技術、ということで、「4つのnot」について解説していきます。

このページを読んで頂いたという事は、
「お客さんに商品を買ってもらいたい」という悩みがおありだと思います。

「頑張ってアフィリの記事書いてるんだけど、イマイチ売れない」
そんな悩み、ありますよね。
僕も似たような事で悩んでいました。

とあるリアルビジネスの集客をしようとしていて、LPを作って広告を打っても
なかなか販売に結び付かない、、
と悩んでました。

でも実は、当時の自分は知らなかったのですが、
前提として、見込み客には4段階あるのです。
ビジネス、とくにインターネットビジネスにおいてはこの見込み客についての理解が非常に大事です。

これが分かると、見込み客が自分の商品に興味を持ってくれ、欲しくてたまらなくなり、購入してくれるようになります。

さて、どういう事かというと、
見込み客が、商品を購入するにあたっての段階は、大きく分けて4段階あるのです。

商品に対する印象って、人それぞれ違うという事です。
ある商品を紹介したときに
「これいいな。欲しいな、買おう」と思う人と
「んー、これ良いのか?よくわからん」と思う段階の人に、当然ですけど分かれますよね。

興味を持つ人もいれば、興味を持たない人もいる
見込み顧客には、様々な段階があるという事です。

そして、コピーライティングの世界では、これを4つのnotと読んでいます。

Not Openの段階
 →開かない、まず開きもしない段階
Not Readの段階
 →読まない段階
Not Believeの段階
 →信じない段階
Not Actの段階
 →行動しない段階

この4つの段階に分けて考えるわけです。

順に説明していきましょう

まずNot Open
これは見込み客がアクセスさえしない。
クリックさえしない。
そもそも気づいてもいない、興味が全くない。

この様な段階です。

当然、アクセスをしてもらえないのに販売する事は不可能です。
なのでまず、アクセスをしてもらえるようにしましょう。認知してもらうのです

まず自分たちの存在を知ってもらいましょう。
中身の良しあし以前の段階です。

恋愛でも、そもそも相手と出会わなかったら好きになってもらう事は不可能ですよね。
なので、認知してもらえる工夫をすべきなのです。

大手の企業がCMを打っていますが、まさにこの認知をしてもらう事が目的なわけです。
もちろん、認知したからと言ってすぐに購入に至るわけではありません。
しかし認知させることで、not openの段階を超える事ができるわけです。

購入に至る最初の関門です。存在を認知する。
大手は資本力があるのでCMを打ちますが、
我々も同じことをする必要があります。

なので商品の告知をしたりだとか、ブログで商品の説明をしたりだとか。
まずはそういった風に自分のことをたくさん知ってもらえるようなことをやって行かなければならないんですね。

例えば、ブログの記事であれば、タイトルを工夫するとかですかね。
書きたい内容について、まず検索してみてください。

で、上位表示された競合のタイトルをまず確認してみましょう。

これらは自分が書きたい内容で、not openの壁を越えられている優秀な競合なわけです。

よくあるのが、数字を書いてるタイトルですね。
「3つの理由」とか、「1ヵ月」「7キロ」とか数字が入っていると、
具体性と説得力がでて、クリックしてもらいやすくなります。

あとは、1~10位に上位表示されたタイトルを研究して、
自分がつけるタイトルが、それらのタイトルと比較して埋もれないか?

を考えてみるとかですね。

この記事を読んでいる見込み客の立場に立って、魅力的なタイトルを付ける工夫をしてみましょう。
(もちろん、魅力的でもウソはNGです。記事の内容に見合ったタイトルをつけましょう)

次です、Not Readの段階。

まず知ってもらえました。アクセスをあつめたりして、商品の存在を知ってもらう事はできました。
しかし商品が売れません、どうすればいいのか。

読んでもらいましょう。
自分の記事を深く読んでもらいましょう。深ーく読んでもらいましょう

恋愛に置き換えると、
「あの人誰だっけ、名前は知ってるけど良く知らないわ」
って感じです。

ビジネスでいえば
「あの会社なんだっけな。ああ、ああいった商品があるのは知ってるけど。」
くらいの段階です。

そこから、
「あの商品なんか面白そうかも。
ちょっとどういう商品なのか見てみよかな」
ぐらいのレベルにまで持って行かなければならないんですよ。

これが、Not Readの壁を超えた瞬間です。
まだ読まないんです、Not Readです。

人って、そんな簡単にこちらの文章を読んでくれません。
その前提を分かっておくべきです。読まないので、読ませる必要があるわけです。

読まない。
読みたくない。読んでも頭に入ってこない。

この段階を越えなければならない限り、
せっかく記事を開いてくれても、閉じてしまう。

つまり見られなくなってしまうんですね。
読まれなくなってしまうんです。

広告とか打って、せっかくお金かけてアクセスを集めてもこれでは
もったいないです。

ここの壁を超えないといけない。
なので僕らは常のNot Readの壁を超えるように努力しなければならないんです。

Not Readの壁を超えるにはどうすればよいか、
考えてみてください。

次に、Not Believe。

信じない、という壁ですね。
サイトを開いて、書いてあることを読み始めました、

しかし、内容を信じていない段階ですね。
理解できない、共感できない、そんな段階です。

なので次は、見込み客に信じてもらわないといけなんです。
あなたが興味をもったその商品は、本当に良いものなんですよと。

なんかうさんくさいなあとか、信じられないな、という感情を抱かせてはダメという事ですね。

ここまで、

Not Openの壁を越えてアクセスさせる壁、アクセスさせました。
Not Readの壁を超えました。読ませる壁を超えました。

じゃ次はNot Believeの壁を越えなければならない。
信じて、共感してもらわないといけないわけです。

ここで信じてもらえないと、せっかくココまで段階を進めてきたけど、
閉じられてしまうわけです。もう読んでもらえない。

これは避けたいですよね。

自分の商品がいかに良いかを説明しなければならない。
説明して説得しなければならない。

次が、Not Act。
いよいよNot Believeの壁を超えました。
どうやらこの商品は良さそうだし、信頼もできると。

思ってもらえました。
この段階を超えてもまだ全然油断できません。

次に、購入してもらう必要があります。
これがNot Actの壁です。

お客さんってなかなか決定できないですよ。
良さそうと思っても、即断なかなかできない。

あれこれ考えてから決めよーと思ってしまって、
後回しにしているうちに、ほかの事に意識が取られ、

いつの間にか忘れられてしまったり。

自分自身も経験ありませんか?
私は結構あります。

だからこそ、

今決定できないんですよ、決定できない段階なんですね。
行動できない段階なんですね、購入できない段階なんですね。
めんどくさい段階なんですお客さんは。

あるじゃないですか、これ欲しいなと思っても購入に至るって結構なエネルギーが必要ですよね。

だから、行動させるエネルギーをお客様に与えなけければならないんです。
そして、購入に至るハードルを下げてあげたりしないといけない。

ここまでして、ようやくNot Actの壁を超える事ができます。

Not Actの壁さえ越えさせれば商品は売れていくんですよ。
ただ、このActの壁を越えさせなければ閉じてしまう、見られなくなってしまうんですね。

このActの壁が最後の関門です。

これら4つの心理障壁を超えていくことこそ、ビジネスで必要なことです。

どうですか?
かなりやるべきことが整理されてきたんじゃないでしょうか。

こうやって、フレームワークを使って可視化すると
自分がぶち当たっている壁が理解できて、未来にわたってやるべきことが明確になりますよね。

漠然とした不安や、悩みがなくなり、やるべきことに集中できます。
これこそ、知識の力なんですね。

知っているか、知らないかで世界の見え方が変わってしまう。
自分の行動が変わる。その結果、成果が出て、未来が良い方向に変わっていく。

今日は、あらゆるビジネスに応用できる4つのnotという話をしました。
これに沿ってビジネスを組み立てていくことで、超売れるようになりますよ。

まずは自分のビジネスに当てはめて、この4つの壁が超えられているか、考えてみてください。

1日、この4つの壁を超えるための作業をする、と決めてみても良いですね。
こんな記事も書いています。
たった1日で良いから勉強(仕事)すれば知識も思考も劇的にパワーアップする