学歴コンプレックスって治るの?僕は慶應生が大嫌いでした

こんにちは、ユウです。

いきなりですが、昔の僕は学歴コンプレックスでした
特に志望校だった慶應の学生とは絶対友達になれませんでした

僕は学歴コンプレックスだった

僕はピカピカの学歴と充実した大学生活を手に入れた彼らを見ると、
「調子のりやがって。あいつらには絶対負けたくねえ」
と勝手に敵対視していました。

受験の時に努力しなかった自分が悪いだけだし、意味不明ですよね。

そんな僕ですが、今はコンプレックスから解放されて生きやすくなりました。
自分より高学歴の友人も沢山いますし、尊敬する部分も多くあります。

なぜこうなったか?
それは、ビジネスで成果が出るにつれて出来る事が増え、自信がついたから、という面が大きいです。

僕は起業して月に100万円以上稼げる様になりました。

一般的に考えたら稼げる方に属するでしょう。
自分で仕事を選べるので会社員に比べるとストレスも少ないです。

お金も時間も余裕があります。

というのも、僕が経営している会社の事業は優秀な仕組みが勝手に動いてくれるため、
限りなく少ない労働時間で収益が上がるからです。

今では、収入も増え、時間的にも余裕を持ち、人から羨ましがられる様な生活を送れるようになり
コンプレックスからも自由になりましたが、、、

当時はそのコンプレックスにとらわれて悲惨な人生でした

というわけで、はじまりはじまり。

慶応落ちたのが悔しくて、京王デパートに意地でも行かなかった

受験の合格発表の日、僕は絶望しました。
第一志望はどこも不合格。

現実が辛すぎて、すぐ着替えて電車にのって山にのぼって海を眺めたりしても、不合格という事実は消えず。

浪人したらもっとダメになる、と進学しましたが大学が全く楽しくない。
第一志望に受かったやつらは新しい環境で最高に楽しそうにしてる。悔しい。

ああ、僕は一生志望校に落ちた事を引け目に感じるんだ。
学歴の話になるたびに、胸が苦しくなり惨めになり肩身がせまい思いをし続けるんだ。一生。

良い会社にも入れないしお金も稼げないし、コンプレックスを持ち続けるんだ。
と思っていました。

特に慶應へのコンプレックスはすさまじく、僕は絶対京王デパートで買い物をしませんでした。

僕はクラスの殆どが早慶以上に進学する個人塾の様な所に通っていました。
そのクラスで、早慶以上に進学できなかったのは10人中2人だけ。

そのうちの一人が僕でした。実績が示す通り、塾の指導方針は正しかったです。
ただただ、自分の努力不足。

それは分かっていても、いつも、自分より点が取れていなかった人が早稲田に受かっていて、
なんで自分は、、という無意味な比較をしていました。

自分の持つ有限なエネルギーの何割かが、変えられない過去を悔やむことに充てられていたのです。
本当に無駄です。無駄なだけでなく、何度も自信を失うので大きなマイナスです。

ビジネス始めて、学歴コンプが解消した

そんな自分がコンプを解消できたのは、ビジネスに向き合ってからでした。
・休学してインターンに励んだり
・就職活動で第一志望から内定を得たり
・コンサルティング会社(周囲は高学歴だらけ)でそこそこ良い評価を得たり

努力して自分の理想像に近づいていく過程で、徐々に自信を獲得していきましたが、
やはりネットビジネスでの成功体験がもっとも強烈でした。

目標を掲げて、ネットビジネスについて調べて、実行し、失敗したり、リスクを抑える方法を考えたり。
そして実際に狙いがハマって、少なくない金額が口座に振り込まれたとき、

めっちゃ興奮します。
よっしゃーーーって。

その経験をした時に、本当の意味で学歴コンプレックスが消え去った気がします。

あ、本当に学歴って必須じゃないんだ。

学歴は武器の一つの過ぎなくて、あったら便利だけど
特にネットビジネスで稼ぐうえでは必要ないんだ。

と腹落ちして、もやもやした気持ちが一切なくなりました

コンプレックスがなくなるって最高です。自由です。
凝り固まった価値観から解消されて、本当にやりたいこととか、
偏見なく楽しめるようになります。

学歴コンプレックス、めっちゃ苦しかったです。現実から目を背けて、現実をゆがめてました。
本当の意味で解消するには、きちんと向き合う必要がありました。
成功体験を積んで、過去を清算してスッキリして、初めて次に向かう事ができます。

ダメダメな状態からなんとか抜け出した自分の物語は、下記の記事にも書いています。
ユウの詳細プロフィール