人間の持ってる3つの資源は超貴重だから有効に使うべき

こんにちは、ユウです。
今日は「資源」に対する考え方を
僕なりに書いていきます。
読むだけでもかなり時間の使い方とか、
変わってくるのかなーと。
人間が生まれたときに持っている
資源には3つあって
・時間
・身体
・精神
この3つがあります。
例えば、ビジネスの作業をするときに、
1日5時間は仕事できるぞー!ってなっても
例えば、インフルエンザだったり、
少し精神的に病んでいたりしたら、
その5時間は何も進まないと思います。
逆に、超健康体で、
やる気がバリバリあった5時間なら、
めちゃくちゃ有意義な時間になります。
時間は、もうみんな平等に与えられているので、
あとはこの「時間」に「健康」と「精神」を足すんです。
そうすれば、時間×健康×精神になって、
初めて前に進むことができます。
で、資源に関する考え方を書いていくんですけど、
時間は基本的には1日24時間、
年間365日、一生でいうと80年~100年。
日本に生まれるかアフリカで生まれるかで
この数字は変わってくると思うけど、
いまの日本で考えるとこんな感じです。
で、次に「身体」ですが、
身体は老い始める時間が決まってます。
激しい動きができるのは42歳までらしいです。
基本的には24歳をピークに
ゆるやかに下がっていって、
42を過ぎると貯金を切り崩すことになります。
イチローは50歳でも現役だけど、
あれはかなり貯金をした上に、
その貯金を減らさない努力をしています。
だから、身体が満足に動くのは、
基本的に42歳なのかなと思います。
で、次に精神という部分で、
これは一番変化しやすい部分でもあって、
一番掴みにくい部分でもあります。
この精神も、重要な資源の一つです。
やる気があって、夢があって、
迷わない状態であれば、
かなり前に進むことができます。
これは年とともに減っていきます。
若いうちは、やる気と夢と、
前に進む活力が十分にある。
でも、年を取って世界を知ってくると、
どんどん精神が削がれていって、
無気力になっていきます。
で、僕が言いたいのは、
資源は減り続けている、ってことです。
使える時間、使える身体、使える心は、
日に日に減っていくわけです。
少なくとも、すべてがフルで揃っている状態は、
あと数年あるかないか、かもしれない。
だから、時間は本当に短いと感じます。
でも、短い時間のなかで何かを残さないといけないし、
自分の夢を全部叶えていかないといけないです。
資源は日に日に減っていく、
ということを自覚するようになると、
いまやるべきことが明確に見えてきます。
お金を稼がないといけないし、
社会に貢献していかないといけないし、
自分をとことん磨いていかないといけない。
使える時間も、身体も、心も減っているんだから、
早く自由にお金を使えるようになって、
やりたいことリストをやらないといけない。
そう考えると、立ち止まってる暇とか、
のんびりしている時間とかないよな、
と強く思うんです。
僕はこの資源を大切にしつつ、
いまを一歩一歩生きていきたいなと思います。
他にも、こんな記事も書いてます。
僕は時間を無駄にしていた事に気づき、死ぬほど後悔した
【簡単なワークあり】悪習慣を断つ。必要な事だけをやる
最速でプロになるたった1つの方法興味がある記事があれば、読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はもともと社畜のサラリーマンでしたが、
インターネットビジネスで月100万円以上を稼ぎ独立に成功しました。

現在は29歳でインターネットを使ってビジネスをしています。
コンテンツ制作、ウェブマーケティングが専門で、コンサルもしています。

貿易をやったり、芸能系の仕事にも携わったり。
かなり充実した生活を送っています。

胡散臭いですよね。周囲からは元々センスあったんだろと
言われますが僕も最初は0からスタートでした。

劣悪な家庭環境で育って、苦しすぎて毎日悪夢で目が覚めてましたし、何をやっても要領が悪いと言われてきました。
そんな僕でも会社をやめて、働くも自由、遊ぶの自由という選択肢を手に入れることができました。

稼げるようになると精神的に余裕ができます。健康的な生活も送れるようになりますし、
人生の選択肢が増え、本当にやりたいことや諦めていたものを手に入れることができます。

下記の記事では、私のビジネスの軌跡と理念について語っています。

月100万以上稼げるようになったから、ビジネスの軌跡と情報発信の理念を語ってみた

また、下記の記事ではブログを読むことによるメリットを書いています。

情報に1千万投資した、ユウのブログを読むことで得られること

学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
メルマガではブログに書かれてない話もしており、
読者の方からはかなりご好評をいただいてます。

下から無料メールマガジンに登録することができます。

ユウのメールマガジン