【書評】ザ・ワーク 人生を変える4つの質問 実践したら人間関係の苦しみが激減した

こんにちは、結(ユウ)です。

今日は

ザ・ワーク 人生を変える4つの質問 実践したら人間関係の苦しみが激減した

という話をしていきます。

 

僕は人間関係で思い悩んだり、
大切な人との関係性が、思い通りにならないと苦しんだりしがちでした。

一度ネガティブな感情を持つと、ずっとその考えが頭から離れないんですよね。

ずーっと考え込んでしまったり、ストレスを抱え続けたり、

お腹が痛くなったりします。

 

結構な生きづらさを感じ、悩んでいたんですが、

この本を読んでかなり楽になったので紹介します。

・奥さん、彼女、友達、親が思い通りにならない!つらい
・感情がコントロールできない。わかっていても苦しさを感じてしまう

という人には非常にお勧めできます。

「ザ・ワーク」という本なのですが、

シンプルな4つの質問をするだけで、

いかに自分自身の考えが現実を歪め、その考えを持つことで自分を苦しめていたかに気がつきます。

結果、かなりメンタルが楽になりますし、

人間関係がよりラクに、深いものになりました。

 

基本的な考え方:苦しみを生み出しているのは、現実ではなく、その現実を判断している自分の考えである

基本的な考え方としては

・自分の考えが、現実と闘っていることに気づく
・自分自身の領域にとどまる
私、あなた、神と言う3つの領域があり、私の領域以外をどうにかしようと思わない。
神の領域は地震とか洪水とかですね。

・自分の考えを理解する
・自分のストーリーに気づく

・苦しみの背後にある考えを突き止める
・問いかけ(探求)する

と言うものになります。

 

ざっくりいうと、

苦しみを生み出しているのは、現実ではなく、その現実を判断している自分の考えである。

それに気づいて、見方を変えてみることで、問題自体がなくなる、というアプローチですね。

やってみるとわかりますが、劇的な効果があるのでお勧めです。

で、どうやるかというと

 

ワークのやり方:4つの質問をして自分を苦しめている思い込みに気づく

4つの質問とは

  • それは本当ですか?
  • その考えが本当であると絶対言い切れますか?
  • そう考えているとき、どのように反応しますか?
  • その考えがなければ、あなたはどうなりますか?

です。簡単ですよね。

 

例えば、

ポールは、私の話を聞かない。
上記に対して、4つの質問を投げかけていきます。
すると、
「ポールは、私の話を聞かない」
が事実ではなく思い込みであったり。
別の視点が見つかったりします。
さらに、
3つの視点で「置き換え」ることも推奨されています。
a) 自分自身に置き換える。(私は、私自身の話を聞かない。)

→私の話を聴くのは彼ではなくて、私自身の勤めだ

b) 相手に対して置き換える。(私は、ポールの話を聞かない。)

→彼が私の話を聞くのが簡単だと思うなら、私自身も彼の話を聴けているのでは?言行一致しているか?

c) 内容を反対にする。(ポールは、私の話を聞いてくれる。)

といった具合に、視点を変えたり事実を確認していくことで、

自分の思い込みが外れ、頭が柔らかくなり、生きやすくなるのがこのワークの特徴です。

 

実際にやってみると威力がわかるので、

奥さん、彼女、友達、上司、親、に不満がありイライラしている人こそ、

試しにやってみることをお勧めします。

ちなみにテンプレートは以下で公開されています。

日本語

 

本もかなり良書で、ワークも即効性がありますので、

実践するとすぐに、

・人間関係が良く・深くなったり、
・ストレスが減ったり
・人生の不安が減ったり

・幸福を感じやすくなったり

すると思います!

少しでも参考になれば。
それでは!