【マズローの欲求5段階説】をマーケティングに活かすコツ

こんにちは、ユウです。

今日は、
【マズローの欲求5段階説】をマーケティングに活かすコツ

について話していきます。
この話に関しては、高校の授業とか、大学の講義とかでも聞いたことある人いると思うんですよね。

これどうやってビジネスや、実生活に活かすかという話をしていきます

この法則、ネットでもリアルでも、どんな場合でも
人と関わる場所においては使えますよ。

では、早速内容の説明を。
下の画像をみてください。

このピラミッド。
見たことありますかね?これ。

これは何を表すピラミッドなのかというと

下から順に
・生理的欲求
・安全欲求
・社会的欲求
・尊厳欲求
・自己実現欲求

となっており、下位の欲求が満たされることで、
より一つ上の段階の欲求を欲するというものです。

これって、「アブラハム・マズロー」というアメリカの心理学者が唱えた欲求段階説の1つです。

底辺から始まり、5段階の欲求を順に満たしたがっていく、というものですね。

一つ一つ説明します。
まず生理的欲求

生きていく為の基本的な、本能的な欲求です。

例えば、
・食べたい
・寝たい
・性欲を満たしたい

など、本能的な欲求ですね。

これが満たされると、

具体的には例えば

・砂漠で水を飲みたいとか、
・三日間何も食べてなくて食べたいとか

そういう欲求が満たされるというイメージです。

次、安全欲求

安全欲求というのは、安全であったり、安心な暮らしがしたいというものです。

例えば
・健康状態を保ちたい
・雨風をしのぐ家が欲しい

などですね。

生理的欲求とあわせて、生命として基本的な欲求の一つです。

なので、これが満たされていない状態。

常に危険な状態だと、他の欲求っていうのが考えられなくなります。

腹減って死にそうな時に、
・友達と遊びに行きたいとか
・本を読んで自己成長したい

とか一旦どうでもよくなるわけです。

兎に角「メシを食わせろ!」となるわけですね

この生理的欲求、安全欲求ってゆうのは、もう、最低限守るべきものなんです。

そして、これからが本題
例えば、ビジネスをする場合、マーケティングをやる場合。

生理的欲求や、安全欲求を意識させるような文章を書くと売れたりします。

これは、広告を打ったりしてセールスをかけていくような場合ですね。

生理的欲求、安全欲求を読み手に意識させるんです。

ってやると売れやすくなります。

例えば、さっき例を出した
砂漠で水を売るなんてのはもう、モロに売れまくるわけです。

飲まないと死んじゃうから超売れる。

なんでかってゆうと砂漠で水は、極端な話1億円でも売れるわけですね。
例えば遭難してた場合とか。

もう買わないと死んでしまうわけですから、お金とかどうでも良い状況なわけです。

「そんなの当たり前じゃん、でも日本は砂漠じゃないし」って思いました?
でも実は、ビジネスをやるときは、その砂漠をいかに見つけるかっていうのが超重要なんですよ。

もちろん簡単じゃなくて、難しいんですけどね。。

で、次は社会的欲求です。

安全欲求を満たすと社会的欲求を求め始めます。

例えば集団・コミュニティに属して、仲間が欲しいという欲求です。

この欲求が満たされないと人は孤独感や社会的不安というのを感じます。

ビジネスの観点から言えば、
コミュニティを作るということにあてはまります。

これって、商売的にもめちゃ重要なんですよ。

提供しているサービスを通して、新しく人と関われたり、新たなコミュニティに入れるってものすごい付加価値なわけです。

そして、一度コミュニティを居心地よく感じてもらえればリピートしてもらえますからね。

これって社会的欲求ってゆうのを満たしているんです。

例えば習い事教室に通う時、
習い事の楽しさ以外にも、

他の生徒さんと関われて楽しいとか、そういうニーズもあるわけです。

コミュニティを作るって観点があるだけでビジネスはめっちゃ安定しますし、
新たなキャッシュポイントにもなります。

あと単純に、自分も交流を通して楽しめると思いますよ。

次は、尊厳欲求です、尊厳の欲求。

これは他者から認められたい、とか、尊敬されたいという欲求です。

これは、下の3つが外的な欲求だったのに対して、内的な欲求です。

例えば
・食べたい
・雨風しのぎたい
・コミュニティ・仲間が欲しい

とかは外的な欲求です。

それに対して、尊厳の欲求や自己実現欲求は内的な欲求です。

自分の心を満たしたいという欲求になります。

例えば
・他者から認められたい
・尊敬されたいという

とかっていう欲求です。

今まで、安全が確保されて、仲間ができました。

そうすると、人間はさらなる欲求が芽生えるもので、
その仲間たちに認められたいとか、一目おかれたいとか思うようになるわけです。

こうゆう風に、欲求はどんどんあがっていくものです。

で、先程触れましたが、

例えば安全欲求が満たされてない段階、ドメスティックバイオレンス受けてるとか。

暴力振るわれているときに、尊厳の欲求を考える余裕もないわけです。

他者から認められたいとかそういう欲求の前に、
「とにかくもう暴力振るわないで、、」という段階なわけです。

だからですね、尊厳の欲求を満たさせるよりも
安全欲求を満たす為のものとかを提案するとビジネスでは結構上手くいくかと思います。

生理的欲求や、安全欲求に困っている人がもしいたら

例えば、水が飲みたいと言っている人に対して水を無料であげたりすると、
めちゃめちゃ感謝されるわけです。

安全欲求も一緒です。家が欲しいと思っている人に家を借りてあげたらめっちゃ喜ばれるわけです。

これは、さすがに極端な話だと思うかもしれませんが、

より根源的な欲求に困っている人を助けた方が、喜ばれる=ビジネスになりやすいということです。

これって、恋愛でも一緒ですよね。

女性でも、既に彼氏がいて恋愛に満足して幸せな人にアプローチしたいと思っても
まず無理ですが、

3年間彼氏がいなくて、良い男性に早く出会いたい、と思っている状態だったら
アプローチしたら興味を持ってもらえる可能性は高いわけです。

で、もし彼女が欲しいとなった場合に、
後者に近い状況の女性が集まるような場所で出会った方が当然可能性は高いですよね。

こんな感じに心理学は応用がきく分野なので、ぜひ今回の学びを活かしてみてください。

で、最後です

尊厳の欲求の次は自己実現欲求です。

要は、「自分が掲げた目標を自分でクリアする喜び」を得たいという欲求のことです。

・成長したい
・かっこいい自分になりたい
とかですね、

ここで間違えやすいのは、尊厳の欲求は
成長したい、という欲求とは別物という事です。

あくまで承認されたい、という意味であって、
承認に焦点があります。

—————————————————————————
ちなみに、余談ですが、

マズローはその上に、「自己超越」という段階があると考えていたそうです。

どういう段階かというと目的の遂行とか、
目的だけを純粋に求めるという領域をさします。

・見返りをもとめない
・ただただ目的に没頭する
という領域です。

例えば、

資格試験に受かりたい、という場合は
社会的欲求や、尊厳の欲求、自己実現の欲求にあたります。

見返りを欲している訳ですから。資格が欲しいという見返りを求めている。

ですが、自己超越の段階ってゆうのは全くもって見返りを求めません。
無償の愛のレベルです。

だからこそこれというのは中々達成できるものではないですし、
自己実現欲求の次に提示しているわけですね。

これを 5 段階目の欲求といます。
—————————————————————————

さいごの6段階目は難しいとして、いかがでしたでしょうか。
いま皆さんは、どの段階にいると思われますか?

ぜひ5段階目までを目指してほしいと思います。

そして、1~2段階目の人たちに対してビジネスを展開した方が、ビジネスとして成り立ちやすいです。

以上、マズローの欲求5段階説についてでした。

で、一回記事を読んだだけでは、結構わすれちゃうので、

ぜひ、学んだ事は誰かに話してみたり、
メモにまとめてみたり、
自分で動画にとってプレゼンの練習をしてみてください。

定着率が全然違いますよ。

この記事では、勉強したことを絶対覚えられる「想起学習」について書いてます。
勉強した事を絶対覚えるたった1つの習慣

心理学系では、こんな記事も書いてます。
デートでも営業でも使える!ザイオンス効果を語る