「オファー」ができるだけで恋愛もビジネスも上手くいく

こんにちは、ユウです。

今日は、「オファー」ができるだけで恋愛もビジネスも上手くいく、という話をしていきます。

恋愛でもビジネスでもマーケティングでも経営学でも
どんな分野でもオファーは大事です。

オファーが下手だと、せっかく学んだ他のスキルが活かせない場合があります。

では、オファーとは何なんでしょうか?

ここでいうオファーの定義というのはですね、
相手に行動させることすべてを指しています。

これは、少し広い定義なので驚かれるかもしれません。

相手に行動させること 全てを指します。

つまり、
メールを読んでもらうこともオファーですし、
商品を購入してもらうのもオファー、
デートしてもらうのもオファーです。

これ冗談みたいに聞こえますが、ガチです。

仕事を手伝ってもらうのもオファーです。

何でも当てはまりますよね。

あとは、

メールを読んでもらう

これですら、十分すぎるほどオファーですね
だってつまんないメール読みたくなくないですか?
つまらないメールを読ませたら、
信頼落ちますよね

読ませる技術、については別の観点から、
本当は教えたくないコピーライティングの技術 「4つのnot」編

こんな記事を書きましたが、

つまらないメールによって、
「こいつのメールつまんねーなー」
「読む価値ねーなー」
ってなりますよね

それでは駄目なわけです。

メールを読ませるってのはオファーなんですよ
メールを読ませた結果、 その結果、メールが面白ければまた読もうってなりますよね。
メールがつまんなかったら
もう二度と読むかってなるわけですよ。

それ駄目じゃないですか
よく、ビジネスのメールマガジンとかで、

全く役に立たない、価値のない、つまらないメールとか届きますが、

それってストレスですから、

即解除ですよね。

ちょっとイラっとしながら。

これって、あらゆるオファーで一緒ですし、
当然LINEの会話とかでも一緒ですよね
こいつと話すのつまんねーなって思ったら

既読にならないですよね。
既読無視ってやつです
既読無視っていうか、
既読になんないですよね。
既読になっても無視されますよね

でも、同じ人が、別の人には速攻で返信返してたりするわけです。

オファーが上手い、下手でここまで差が出るわけですよね。

要はメールを読んでもらうのもオファーってことですよね。
恋愛だろうがビジネスだろうがこれは一緒です。

商品を購入してもらう。

これも当然オファーです。

しかも商品を購入してもらうって、

メールを読んでもらう以上のオファーです。
だってお金払って、その商品買うんですから

結構大変なオファーなんですよ。

だから、いきなり購入してもらおうとしてはいけません。

マーケティング的には、「3つのシェア」を奪いましょうという考え方があって、

・タイムシェア
・マインドシェア
・ポケットシェア

の3つですね。

これらのシェアを、上から順に奪っていきましょうという話ですね。

今、あなたの顧客は、
パズドラとかTwitterとかにタイムシェアが奪われていたりするわけです。

で、マインドのシェアが奪われ、
結果としてポケット(財布)のシェアも奪われている状態なわけですね。

このシェアを、あなたの商品に置き換えていかないといけない。

まずやることは、時間のシェアを奪う事です。

自分の商品を認知してもらって、興味を持ってもらう。

気になって、時間を取って調べたりしてもらう。

やがて、マインドのシェアも奪えるようになってきます。

定期的にコンテンツをチェックしたり、とかっていう段階ですね。

その段階を経て、ようやくポケットのシェアにたどり着くわけです。

つまり、購入してもらえるわけですね。

なので、商品を購入してもらうのもオファーですが、

いきなり購入してもらおうとしない、ってのが大事ですね。

まずはこちらから与えて、与えて、与え続けて、

ファンになってもらう。その関係性を築いてから、オファーするってのが大事です。

あとは、デートしてもらうのもオファーですよね。

例えば女性にデートを申し込む場合にですね、

相手に得がなかったらデートに来ないですよね。
何でもいいですよ。

例えば、男性がイケメンであったりだとか、
話しがめちゃくちゃ面白いとか、
仕事ができるとか、
お金持ってるとか、

なんでもいいと思うんですけど、

何らかの材料がない限り
デートに誘ったって来てくんないですよね。

女性って想像以上に色んな男性からデートに誘われているんで、

当然比べますよね。

Aさんはあんまり面白くない。
Bさんは面白いけど、ちょっと面白いけど自慢が多いとか。
Cさんはお金も持ってるし、面白いし、カッコイイ。
そしたら、オファーが通るのはCさんになりますよね。

要は如何にどの人がオファーが上手いかなんですよ。

見えていないだけで、実際は沢山のオファーの中から、選択が行われているわけです。

自分の良いところ、自己PRをいかに上手くするか、という点が大事になってきます。

ここまでで、少し世界観が変わったかと思うんですが、あらゆることがオファーなわけです。

要は世の中の相手に対する行動を促すとか
行動させることって全部オファーなんですよ。

オファーっていうのは相手の時間を奪うことですよね。
相手の時間を奪っているんですよ。
どんなオファーであれ。

ってことは相手は得しないと思ったらそのオファーには、
そのオファーを受け入れることはないですよね。
得がなければ。

得するオファーをするっていうのは当然です。

そうしないとコミュニケーションは上手くいかないし、
当然ビジネスでも上手くいかないです。

 

で、ここからが本題なのですが、

オファーがうまくいくには、この2つの言葉を意識してください。

自己重要感と希少性です。
これは社会心理学の言葉です。

自己重要感について簡単に説明しますと、

例えば恋愛だったら。

相手が「私、大事にされている!」と感じてもらえているかどうか、です。

自分が重要なんだって相手に感じさせるってのが大事なんですよね。
自分のこと考えてくれているんだと。

これビジネスのオファーでも同じで、

女子高生に薄毛予防のシャンプーは売れないし、
中年サラリーマンに脱毛サロンのサービスは売れないわけです。

どちらも、
「は?全然悩んでねーわ」
「自分のこと全然考えてくれてないんだな」

となって閉じられてしまうわけです。

相手に合わせて、あなたの悩みを理解したうえでオファーしてますよって伝える事が第一歩ですね。

で、次。

どうやってオファーをのんでもらうか、という事ですが、

そのために希少性ってのが役立つんですよ。

希少の物事を相手に提案してあげる。
相手にとって希少なものを提案してあげる。

例えば

「お腹空いたー」って言ってたら菓子パンあげるとかね。
「肉食いてー」ってやつには焼肉食わせてあげるとかね。
「彼氏十年いねーよ」ってやつには告白してあげるとか。
「彼氏十年いないんですー」って言ってる娘が居たら、
何か問題がない限り付き合えると思うんですよ。

例えばの話しですけど。

要は希少性なんですよね。

「ずっと彼氏いないです」
「寂しいのを十年も我慢してます」って言ってる子がいたとしたら、

その寂しさを紛らわしてあげるだけだって、
付き合える可能性があるんですよ。

いわゆるオファーが成立する可能性があるんです。

これって相手が欲しいけど、でも手に入っていない

希少なものをオファーしてるからですよね。本質は。

一方で、

「毎日いろんな男とデートしてます」 って人には
「お前寂しいだろ。俺んとこ来いよ」って言ったって

来るワケないんですよ。
スルーです。

「寂しくねーし。色んな男いるし、お前意外に」

ってなりますよね。

希少性があるものを商品として売っていけば儲かるんです。

欲しくて欲しくてたまらないけど、でも手に入らないもの。
誰にでもあるんじゃないでしょうか。

ちょっと自分に置き換えて想像してみてください。

想像できました?

で、

それが、手に入ります。ってポンって言われたら、

結構ほしくなって、

購入しちゃうと思うんですよ。

この状態を目指しましょう、という事です。

ビジネスで言ったらブルーオーシャン戦略なんですよね、これも。

ライバルが居ない市場で戦え。
ライバルが少ない市場で戦え。

その市場で、相手が欲しいけど手に入らない、希少なものをオファーしろ。

これに尽きるわけです。

もしライバルがたくさん居たとしても、

その中で最大限のオファーをすればいいだけですけどね。

わかりやすいので恋愛の例ですが、

男って大体、 世界に35億人ぐらい居るわけじゃないですか。
日本だけでも5000万人ですよ。

なのになぜ、
彼氏彼女居ないっていう人達が存在するかって、

オファーの上手い男性が少ない、上手い女性が少ない
っていうことが原因になっていると思ってるんですね。

みんながオファーが上手くて
相手を喜ばせることを常に考えているのであれば、

こんなことは起こらないと思うんですよ。

ちょっと周りを思い浮かべてほしいんですけど、

異性にモテている人って、やっぱり相手を喜ばせるのが上手な人が多いんですよね。

相手の立場になって会話できるとか、
だから相手も安心して話せて会話が弾むとか、
結果この人と話してると楽しい!ってなって喜んでもらえたりとか

逆に、プライドが高かったり独りよがりで、

相手を大事にしていなかったり
相手の求めているものを与えられなかったり

こういう人ってモテない傾向にありますよね。

で、現代に何が起こっているかというと、圧倒的な集中ですね。

1人の男に数多の女性が集まる。
1人の企業に数多のクライアントが集まる。 ってことなんですよ。

みんながレベル5のものしか提案していないときに、
レベル50のものを出したら、みんなそっちに行きますよ。

特にインターネットが普及してからその流れは加速していっていますね。
勝者総取りの世界です。

本当は、レベル50が提供できれば一番良いです。
でも、なかなか最初はそれが難しいです。

なので、レベル50を目指しながら、徐々に勉強して、レベルを上げていってください。

今日は、オファーの重要性と、
オファーを成功させるために必要な2つの要素

自己重要感と希少性

の話をしました。

汎用性ハンパないし、これさえできるようになれば、
恋愛でも、ビジネスでも望む成果が約束されたようなものなので、

何回も復習したり、実践に活かしてみてくださいね。

ビジネスにおけるオファーをする際に、参考になる記事は色々書いています。
「FAB」を理解すればいくらでも商品売れる。ベネフィットが一番大事。
本当は教えたくないコピーライティング講座 理想の未来編

恋愛にも参考になるのは、ザイオンス効果とかですかね。
デートでも営業でも使える!ザイオンス効果を語る